teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


あめぞうのことを知ってほしいです

 投稿者:a  投稿日:2020年 8月 9日(日)16時41分54秒
  下のURLにあめぞうの情報がありますのでそれを見て知ってください
あめぞうさんという方のためにもどうかお願いします
http://resistance333.web.fc2.com/newpage1.htm
http://tiyu.to/1ch_08.html

↓私の掲示板です
https://9207.teacup.com/aaaa/bbs
 
 

 投稿者:いくま  投稿日:2020年 5月21日(木)01時01分30秒
  一応まとめてみた。
これである程度世界観はつかめるだろうか?
出来れば、軽くオンラインセッションやってみたいんだけど、うちのサークルってオンラインセッションできる人どのぐらいいるのかな?

ああ、セッション自体は多分PC一人からでも可能。盛り上がるかどうかは別として。
 

FEF(ファーイーストファンタジー)ver1.0

 投稿者:いくま  投稿日:2020年 5月21日(木)00時57分47秒
  個人的なまとめ。
日本の中世~近代にファンタジーぶっこんだ世界。

☆ルールとデーター
 比叡山炎上とダークエイジを使用。2つのルールに矛盾が生じた場合は比叡山を優先。
 SANチェックは無くすが、術の習得には正気度が必要なため、正気度はそのまま残す。
 修羅技能は無し。職業技能に修羅が含まれている場合、好きな技能に変えて良い。

☆ざっくりした世界観
 モンハン+ウィザードリィ+和製ファンタジー+歴史+月刊ムー。
 超古代にムーやアトランティスが存在した地球。
 ムーとアトランティスが異世界へのゲートを開く実験を暴走させ、異世界への扉を限定的に開いた状態が常態化した世界(ちなみにムーとアトランティスは暴走のどさくさで地球上から消滅した)。
 「異穴」「異界坑」「魔窟」「迷宮」などと呼ばれる世界各地に存在するダンジョンはこの暴走の結果誕生した。また、これ以降地球上に存在しなかった魔獣や亜人などが世界各地で確認されるようになった。
 超古代文明消滅後、数千年単位で世界各地で混乱が起き、現在に伝わる神話や伝説の元となる逸話が生まれることになる。
 PCは極東に存在する、世界屈指のダンジョン地帯「日ノ本」の冒険者。

☆迷宮について
 異界と部分的に繋がった不可思議な空間。「異穴」「異界坑」「迷宮」などと呼ばれる。
 一般的に中には部屋があり、怪物が配置され、宝物を手に入れることができる。
 小さな迷宮だと小部屋が2~4部屋。大きなものになると50以上の部屋が10階層以上などというものもある。また、特殊な迷宮だと迷宮の1階層がまるごと密林であったり湖(海?)であったりする場合もある。
 ちなみに、地上から穴を掘って別の出入り口を作ろうとした者が過去に幾人もいるが、これに成功したものはいない。学者達はこの世と迷宮では位相が違うためだと唱えている。

・地震
 地震が起きると、迷宮の中身が更新される。小さな地震だと一度倒された「兵衛(後述)」や宝箱の中身が復活する程度だが、大きな地震になると迷宮の間取りや階層、怪物の種類や数、宝物の傾向などがガラリと変わってしまうことがある。

・怪物
 迷宮における怪物は3種類いる。
 「凶主」「兵衛」「衛士」である。
 「凶主」は迷宮の支配者であり、この怪物がいる限り「衛士」が一定の間隔で次々と生み出される。
 「兵衛」は特定の部屋などに配置された怪物で、一度倒すと地震が起きるまで再出現しない怪物であり、大概何かしらの宝物を守っている。基本的に衛士より強く、凶主より弱い。
 「衛士」は基本的に知性がなく、ひたすらに侵入者に襲い掛かってくる。彼らは時折何かしらの宝物を残して消滅することがあり、この宝物を目当てに迷宮に挑む冒険者も多い。

・枯れた迷宮
 凶主が倒された迷宮は「枯れた迷宮」と呼ばれ、宝物を始めとする資源を何も生み出さないただの穴ぐらと化す。
 小さな迷宮だと旨味が少ない(怪物の間引きや投資に見合わない量の資源しか取れない等)ため、さっさと枯れた迷宮にしてしまおうとする領主も多い。
 迷宮に依存した町作りをしていたために、迷宮が枯れると町そのものが衰退するということもあるため、凶主を倒すことが禁じられている場合もある。
 枯れた迷宮の中には、人里離れた場所にあるため、近隣の住人からも忘れられた迷宮が存在する。このような迷宮は山賊や盗賊等のねぐらに使われることもある。

・迷宮経済
 迷宮から取れる資源で経済が成り立っている町や村などが存在する。代表的な資源としては「金属製の武具」「貴金属」「宝石」「木材」「石材」「燃える水」である。特に金属製の武具は一度精錬されているため、他への加工が容易で人気が高い。
 凶主や兵衛クラスの怪物の死体には、加工することで大きく価値が上昇するものもあるため、そういうものを専門に取引する者もいる。

・迷宮と寺社仏閣
 迷宮と寺社仏閣は切っても切れない関係にある。何故かと言うと、朝廷が権力を握っていた時代には、迷宮は神仏の領域と考えられていたため、寺社仏閣が迷宮の管理を担っていいたのである。そのため、迷宮の側には寺社仏閣が建てられるというのが一般的だった。ちなみに、この時代の迷宮の管理方法というのは、迷宮の出入り口に結界を張って怪物が出入りできなきようにするというものだった。が、このやり方はやがて限界を迎えた(迷宮が思いの外数が多すぎたことと、術者の質が落ちてきて、強固な結界を張るのが難しくなってきたため)。
 時代が下り武士の時代になってくると、武力で迷宮を制圧するという考え方が一般的になり、迷宮の側に必ずしも神社や寺が建てられるということはなくなったが、それでも小さな社などは必ず建てられている。これは古い時代の名残であるが、同時に「ここに迷宮がある」と言う印でもある。
 とうの昔に枯れた迷宮で、入り口も塞がれ、誰からも忘れられたような迷宮でも、社があればそれとすぐわかる。これは地震で息を吹き返した迷宮をすぐに発見できるようにという意味もある。

☆現在の日ノ本
 九州、近畿以外の地域では人間同士の大きな戦というのはほとんど起きていない。魔獣や亜人等に対処するため、人間同士で争う余力がないためである。
 現在南蛮から訪れたイエズス会の報告で、西洋にも日ノ本のダンジョンが知られ、南蛮からも冒険者が集まりつつある。

・幕府
 各地を国人や大名が治めているが、その上に幕府が存在している。幕府のイメージは経済的な要地を抑えた室町幕府である。自前の戦力も揃えているが、大大名が複数集まれば覆せる程度の戦力。

・朝廷
 霊的な守りに専念するために幕府に俗世での実権を委託して久しいが、未だに権威は健在。文化や伝統の保護に熱心で、ゆるいナショナリズムの醸成に一役買っている。

・大名、小名、国人領主
 貴族の荘園を横領したり、新しく領地を切り開いたりして徴税権と軍権を握った戦士階級の支配層。
 国人領主同士で小競り合いを繰り返し、敗者を吸収して勝ち抜いていったものの成れの果てが大名。もしくは、国人領主の盟主的な位置に収まった家が、時代を経て大名となる場合も。大名は九州、中国、近畿に集中している。

☆ざっくり地理
 列島は海峡で東西に別れている。

・東北
 強力な魔獣が跋扈。基本的に村はなく、城塞都市内に人々は住んでいる。都市間の交流はあまりない。魔獣から取れる素材を求めて商人が来る。
 また、「異穴」も明らかに他の地域より多く、これに潜るための冒険者も多い。
 国人領主が多い。食料を生産する環境が厳しいため、領主によっては税を銭で収めることを推奨している者も多い(つまり、領民に迷宮に入るよう仕向けている)。
また、海側には幕府の直轄領がいくつかある。
 日ノ本有数の大迷宮「恐山」が存在している。

・関東
 ここも城塞都市が多い。長年の努力により魔獣の数は大きく数を減らしたが、オーガーやオーク、ゴブリンなどの質の悪い亜人との生存競争にさらされている。
 近年は開拓村なども増えており、引退した冒険者が村を興す等今後の発展が見込める。都市間の交流も多少はある。
 東国最大の大名伊勢家の城塞都市、「小田原城」が関東の中心として栄えている。
 上野国はマジ魔境。

・中部
 中部地方は大きく3つに別れる。日本海側、山岳部、太平洋側である。
 日本海側は開発が遅れており、魔獣や亜人の跋扈が激しいが、そもそもあまり人がいない。
 山岳部はドワーフやエルフが集落を作り、一大勢力を誇っている。
 太平洋側は蓬莱島を中心に開発が進んでおり、海側の集落や街では亜人などの襲撃が少なくなってきたため、壁を取り払う(維持にコストがかかる)集落が増えている。

・近畿
 京を中心にした一大文明圏で、人間の世界。壁のない集落がほとんどで、主要な街道は整備がされている。野生の動物や山賊の類はいるが、オークやゴブリンはほぼいない。
 伊勢神宮や高野山等の霊的な聖地が存在する。

・中国地方
 ヤマタノオロチが封じられているので、それを崇める亜人が日本海側に多い。わりと文明化されているが、山際の村などは未だに壁がある。瀬戸内海側には海賊がいる。出雲大社などの一大霊場があり、霊的な守りがしっかりしている。

・四国地方
 88の異穴がある冒険の一大メッカ。冒険者相手の産業が発展している。空海が唐に渡る前にすべての異穴を制覇したことにあやかる修行中の僧侶も多い。

・九州地方
 修羅の国。かなり早い段階で亜人や魔獣を駆逐したあと、人間同士でバチバチやりあっている。現在は大友、龍造寺、島津の3つの大勢力が配下の小勢力を使って小競り合いをしている比較的平和な状態。下手な亜人とかより野蛮な連中がゴロゴロしている。

・琉球地方
 日本の律令体制には組み込まれていない独立国だが、現在の王朝の始祖が源為朝なので。海中に異穴があり、他の国では取れない資源が取れる。

国人領主とか大名が戦争する理由に、迷宮を奪い合うというのがある。物によっては金の成る木だからね。

☆主要都市
 日本各地の主要都市を紹介。

・仙台
 東北最大の城塞都市。古代から人が居住し、その歴史は古い。この都市には「狩人」と呼ばれる魔獣退治専門の冒険者が多数常駐している。他にも、東北各地の都市へ物資を運ぶための車借が組織され、護衛を請け負う冒険者も多い。
 この都市自体には大規模な迷宮が存在せず(小規模な迷宮は存在する)、東北各地へのハブ都市の性格が強い。
 伊達氏が幕府から代官として派遣されているが、完全に土着しており、東北各地の国人や小名、大名などと血縁関係を結んでいる。

・小田原
 伊勢氏が築いた日ノ本最大の城郭都市。50年前のオークを始めとした亜人種による大侵攻に際して、関東の各都市を後方から支え、最大の決戦である「小田原決戦」を戦い抜き、関東の盟主として君臨する。
 小田原を中心に、大小複数の迷宮が存在し、地震のために頻繁な更新が行われているため、数多くの冒険者がホームタウンとしている。

・遠浜
 蓬莱島の海上都市。蓬莱島の内部を探検する前線基地であり、迷宮探索のホームタウンであり、東西を結ぶ交通の要所。一般的に練度の高い冒険者が集まる。幕府直轄領。代官は数年ごとに交代。
 地震が多いため、大小の迷宮の更新が頻繁に行われる。

・堺
 商人の自治都市。国際貿易港でもあり、南蛮からの冒険者は堺か博多に最初に降り立つのが一般的。
 周辺には枯れた迷宮がいくつかあるばかりで、迷宮漁りをする冒険者は少ないが、都市の防衛や商人の私兵として雇われている者は多い。
 地元で扱えないような迷宮からの出物を金に変えるため、地方の冒険者が訪れる。また、その出物を仕入れるために地方の商人がやってくる。
 世界有数の競り市が定期開催されている。

・博多
 国際貿易港その2。幕府直轄領だが、大人衆と呼ばれる商人の組合が統治を委託されている、実質的な自治都市。古くから大陸との貿易を行っており、唐人街が形成されている。 倭寇との結託した一部の商人が密かに国外への奴隷貿易を行っている。
 

名物ルール

 投稿者:いくま  投稿日:2020年 5月 3日(日)00時40分53秒
  オリジナルのルール

アイテムが成長するルール。
基本的には武器防具が主になります。

まず、アイテムごとの器値を決めます。これはアイテムの成長限界です(+1~+10まで)。これはアイテムの作り手の能力と制作判定の結果次第で変わる。
で、セッション中に決められた条件を満たすとボーナスが付くようになる。

剣を例に取ると、器値3の剣を使ってオークを累計100匹切ったことによって「オーク殺し」が達成され「豚切り丸」の名がつけられ、+1のボーナスがつくようになる(アイテムの名前は最初に達成した逸話にちなむものがつけられる)。
この「豚切り丸」を更に使い、使い手が自分の近親者を10人殺めると、「親類殺し」が開放され+2のボーナスが付く。
更に「豚切り丸」を使い大名級の権力者を3人殺した場合、「王殺し」が開放され、+3のボーナスが付く。
この剣は器値が3なので、成長はここまで。この後は神を切ろうが仏を切ろうが成長はしない。

こういうのどう?なんか日本刀のロマン的なもの再現できないかと考えたんだけど。あと、職人の凄さも表現できるかなと。
 

桃太郎伝説

 投稿者:いくま  投稿日:2020年 4月30日(木)01時19分28秒
  桃太郎のお話改訂版。

ヤマタノオロチ復活を目論む邪宗の僧(オーガー)を倒すお話。
簡単な話の流れとしては、熱田神宮に祀られていた草薙の剣が何者かに盗まれ、それを捜査するため派遣された吉備津彦命が、日ノ本各地で起きていた幼児大量失踪事件などを皮切りに邪宗の僧の陰謀に徐々に気が付き、旅の途中で三匹の旅の仲間を得てついに陰謀を阻止するというもの。

ちなみに、草薙の剣はヤマタノオロチ復活のキーアイテム。
源平合戦の際、形勢不利になった平家側がヤマタノオロチを復活させて一気に形勢逆転を狙ったが、義経に阻止されるというお話もある。
 

各地の概略3

 投稿者:いくま  投稿日:2020年 4月22日(水)22時22分14秒
  ・中国地方
 ヤマタノオロチが封じられているので、それを崇める亜人が日本海側に多い。わりと文明化されているが、山際の村などは未だに壁がある。瀬戸内海側には海賊がいる。出雲大社などの一大霊場があり、霊的な守りがしっかりしている。

・四国地方
 88の異穴がある冒険の一大メッカ。冒険者相手の産業が発展している。空海が唐に渡る前にすべての異穴を制覇したことにあやかる修行中の僧侶も多い。

・九州地方
 修羅の国。かなり早い段階で亜人や魔獣を駆逐したあと、人間同士でバチバチやりあっている。現在は大友、龍造寺、島津の3つの大勢力が配下の小勢力を使って小競り合いをしている比較的平和な状態。下手な亜人とかより野蛮な連中がゴロゴロしている。

・琉球地方
 日本の律令体制には組み込まれていない独立国だが、現在の王朝の始祖が源為朝なので。海中に異穴があり、他の国では取れない資源が取れる。

国人領主とか大名が戦争する理由に、迷宮を奪い合うというのがある。物によっては金の成る木だからね。
 

各地の概略2

 投稿者:いくま  投稿日:2020年 4月 9日(木)22時41分37秒
  ・中部
 中部地方は大きく3つに別れる。日本海側、山岳部、太平洋側である。
 日本海側は開発が遅れており、魔獣や亜人の跋扈が激しいが、そもそもあまり人がいない。
 山岳部はドワーフやエルフが集落を作り、一大勢力を誇っている。
 太平洋側は蓬莱島を中心に開発が進んでおり、海側の集落や街では亜人などの襲撃が少なくなってきたため、壁を取り払う(維持にコストがかかる)集落が増えている。

・近畿
 京を中心にした一大文明圏で、人間の世界。壁のない集落がほとんどで、主要な街道は整備がされている。野生の動物や山賊の類はいるが、オークやゴブリンはほぼいない。
 

各地の概略1

 投稿者:いくま  投稿日:2020年 4月 9日(木)01時22分16秒
  ・ダンジョン
 「異穴」「異界坑」「魔窟」と呼ばれる。日本各地にあり、異世界と一部融合した別世界が広がっている。ここから取れる資源を目当てに街が形成されるというのはわりと世界各地にあるパターン。
 日本は世界でも有数のダンジョン地帯。
 古代文明の末期、異世界への道を開くための研究がされていたが、実験の暴走が原因でムーやアトランティスは大陸ごと無くなってしまい、世界中にダンジョンが出現したと言われている。この時期に亜人や魔獣が大量に確認されるようになった。

・東北
 強力な魔獣が跋扈。基本的に村はなく、城塞都市内に人々は住んでいる。都市間の交流はあまりない。魔獣から取れる素材を求めて商人が来る。
 また、「異穴」も多く、これに潜るための冒険者も多い。

・関東
 ここも城塞都市が多い。長年の努力により魔獣の数は激減したが、オーガーやオーク、ゴブリンなどの質の悪い亜人との生存競争にさらされている。
 近年は開拓村なども増えており、引退した冒険者が村を興す等今後の発展が見込める。都市間の交流も多少はある。

 

コロナのせいで

 投稿者:いくま  投稿日:2020年 3月30日(月)00時52分22秒
  今のご時世だと、仮に面子が揃ってもセッションできないねえ。
真面目にオンラインセッション考えるかね。
 

(無題)

 投稿者:いくま  投稿日:2020年 3月16日(月)22時58分6秒
  ゲートって、瞬間移動するやつのこと?それとも別の機能がある?

エルフは修験者でどうじゃろうか?森と山の境界が曖昧で、日本エルフ独特の信仰を持つに至ったと。役行者が一番有名。
即身仏はリッチになる手段なので、空海はリッチです。正気度が90以上で聖属性のリッチ。100以上で聖属性のエルダーリッチ。
10以下で魔属性のリッチ。0以下で魔属性のエルダーリッチ。
空海は当然エルダーリッチ。
 

レンタル掲示板
/206