へら彦庵



カテゴリ:[ 短歌/川柳/俳句 ] キーワード: 自由律俳句


新着順:33/90


[66] 俳句界 2016年3月号

投稿者: 投稿日:2016年 2月23日(火)21時20分44秒 KD124212038105.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

〈特集〉〝俳〟を考える
〇〝俳〟とは何か?
〇江戸俳諧と俳    大輪靖宏
〇明治大正俳句と俳  小暮陶句郎
〇無季、前衛俳句と俳 今泉康弘
〇昭和俳句と俳    依田善朗
〇女性俳句と俳    日下野由季

▼“俳〟とは〝おどけ、たわむれ〟と大辞林、遊びの意味があるので、傀師は、自由律俳句に、遊びではなく、文学としての随意にひらめくものという本来目指すものとして、随句という名前を使うようにされていて、現在では、自由律俳句を随句だと言っても通じるようになりました。
勿論、森澄雄がいう、俳句とは〝大いなる遊び〟という意味までしておられるのであればいいのですが。

【特集】名句うらばなし
   ~古今東西の名句とエピソード
 中村草田男 後藤夜半 澤木欣一 ほか

「魅惑の俳人」久保田万太郎

▼本音で語る挨拶句の名人万太郎は可愛いです。

http://soneda.or.tv


新着順:33/90


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.