へら彦庵



カテゴリ:[ 短歌/川柳/俳句 ] キーワード: 自由律俳句


新着順:85/90


[6] 俳句界25-10月号

投稿者: 投稿日:2013年 9月22日(日)19時29分8秒 171.102.113.221.ap.yournet.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

《特集》俳人たちが追い求めたもの
~「個人の跡を求めず、個人の求めたるところを求めよ~
○万葉歌人と秋櫻子
○西行と源義
○紀貫之と子規
○基角と育乎
○鬼城と楸邨
○一茶と兜太
○放哉と顕信  住宅春樹
○エイゼンシュタインと寺田虎彦

▼「放哉と顕信」は有名ですが、春樹さんが書いておられるのですね。
「エイゼンシュタイン」は学生の時に「戦艦ポチョムキン」や「イワン雷帝」などATGで観て好きになりました。彼は、コラージュ手法を持ち込み、切り取った画面を挿入するなどで、これが二物取り合わせ=二物衝撃をもたらしたとも考えられるのですが、自由律に安易に安直に使われているので違和感を覚える句もあります。

《特集》みんな啄木が好きだった!
~『一握の砂』『悲しき玩具』を読む

▼歌人の中では、彼のことは皆好きでしょう。

《対談》ピーコ《評論家)
▼服装だけでなく、最近では兄弟の持ち分だった映画評論も知っていますが、今度は俳句も評するのでしょうか?

http://soneda.or.tv


新着順:85/90


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.