へら彦庵



カテゴリ:[ 短歌/川柳/俳句 ] キーワード: 自由律俳句


新着順:60/86


[33] 俳句界 11月号

投稿者: 投稿日:2014年 9月12日(金)20時06分16秒 p3242-ipbf911hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

◆特集 俳句評論 復活へ!

 ●インタビュー 堀切 実(近世文学者)
 ●評論家たちの名言
  山本健吉、赤城さかえ、山下一海、村上護他
 ●精鋭に問う! 評論復活の鍵
  榎本好宏、福本一郎、田島和生、筑紫磐井、仁平勝、岸本尚毅、
  中村雅樹、坂口昌弘、中岡毅雄、大輪靖宏、今泉靖宏

▼これは興味ありますね。福本先生がおられますし。
 「層雲」があの体たらくで、現在ではまともな句論を聞くことができません。皆引きこもりのように、句論を避けている、というより考えてもいない惰性なのではないかと思われる状況です。これが今日の衰退をもたらしていることは疑いないように思えます。

◆特集 あなたの俳句はなぜ 佳句どまりなのか?
 ◎エッセイ 辻 桃子
 ◎実践~ライブ句会
 ◎特選と佳作の境界線~例句と解説
  松本旭、山崎ひさを、茨木和生、古賀雪江、対馬康子

▼確かに上位句の面子は常連とビギニング・ラック、いつまでも中間どまりのに分かれるような気がします。
それは、マンネリと発想力の違いも関係していて、それが分かれば、点は取れますが、それがいいことかどうかは別です。選句する方がどれだけのものかも関係しますし。



http://soneda.or.tv


新着順:60/86


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.