へら彦庵



カテゴリ:[ 短歌/川柳/俳句 ] キーワード: 自由律俳句


98件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[107] 俳句界2018年6月号

投稿者: 投稿日:2018年 4月22日(日)19時16分26秒 KD124212038105.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

【特集】夫恋の句、妻恋の句
〇橋本多佳子 駒木根淳子
〇中村草田男 長嶺千晶
〇石田あき子 中村阿弥
〇森 澄雄   上野一孝
〇伊藤白潮  加藤峰子
〇文挾夫佐恵 平木千恵子
〇角川照子  川崎陽子
〇加藤楸邨  中村正幸

▼「有夫恋」の作家時実新子はないのは、川柳作家と自称したことが良くなかったのでしょうか?
バレ句もありますが、短歌と違って、恋歌は、俳句の主観を捨てるという約束があるので難しいのでしょうが。
 慕われている幸せの幸せ髪を梳き  新子
 人妻とわが名のあとに書いておく  新子
 夫婦の胸に大逆流がやって来る   新子


〈特集〉文人たちの忌日
~文人忌の例句と解説
漱石忌・・・夏目漱石  一葉忌・・・樋口一葉
荷風忌・・・永井荷風  河童忌・・・芥川龍之介
桜桃忌・・・太宰治   多喜二忌・・小林多喜二
連翹忌・・・高村光太郎 憂国忌・・・三島由紀夫
修司忌・・・寺山修司  傘雨忌・・・久保田万太郎
寒梅忌・・・藤沢周平  菜の花忌・・司馬遼太郎

憂国忌には、関心がありますが、死ねば誰も一緒ですからね。


http://soneda.or.tv




[106] 俳句界2018年5月号

投稿者: 投稿日:2018年 4月15日(日)23時01分29秒 KD124212038105.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

【特集】俳句評論鼎談
●現代俳句の問題点、俳句評論の問題点

大輪 靖宏(「輪」主宰、国文学者)
坂口 昌弘(短詩形文學評論家)
田中 亜美(「海程」同人

●特別作品50句 田中 陽
〈句集を作ろう!
【座談会】
 大高 霧海×日下野 仁美×辻村 麻乃
●句集出版は、自分を振り返る絶好の機会
●句集を出版してよかったこと
●句集を作るにはどうすればいいの?

(対談)山尾 志桜里(衆議院議員

▼俳句の評論とは、小説の評論とどこが分れるのでしょうね?

句集はまともに作ろうとするととても高額なので、結局サラリーマンが年取って退職金や預金で作るというイメージがあります。

▼山尾 志桜里議員に佐高信は辛口で迫れるのでしょうかね?

http://soneda.or.tv



[105] 俳句界2017年4月号

投稿者: 投稿日:2018年 2月27日(火)23時27分19秒 KD124212038105.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

〔特集〕俳句はなぜ旧仮名なのか?
●俳句で旧仮名遣いが多い理由~短歌との比較
喜多昭夫 佐々木六戈
●エッセイ~旧仮名・現仮名を使う理由
中本真人 橋本 直 田中亜美 渡辺 誠一郎

●生涯、吟行を楽しむために  谷口智行、細谷喨々
●私の健康法と吟行の楽しみ方
有山八洲彦 柴田孤岩
(対談)
北野譲治(経営者)

▼口語俳句や現代俳句はもとより、自由律俳句は旧仮名は使いませんけどね。
此れも高齢者社会になったからでしょうね。



http://soneda.or.tv



[104] 俳句界2017年3月号

投稿者: 投稿日:2018年 2月27日(火)23時00分56秒 KD124212038105.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

【特集】賑やかな高齢者俳句
●巻頭エッセイ 有馬 朗人
●坂口昌弘
●90歳以上の俳人、作品とエッセイ。
後藤比奈夫、伊丹三樹彦、深見けん二、花谷和子、有山八洲彦、大坪景昭、津沢マサ子

◆人口減少・高齢化と結社と結社
●高齢化と会員減少  坂井佐忠
●後継者不足について 大井恒行

〔特別インタービュー 瀬戸内寂聴ー俳句を楽しむ

▼自由律俳句界も高齢と若手の二極化ですね。
やはり定型では、歳は有利ですね。季語などボキャブリ―もある筈ですし。
自由律俳句の場合は、年期よりも感性でと言いたいのですが。

http://soneda.or.tv



[103] 草原 通信相互詠草の上位句

投稿者: 投稿日:2018年 1月25日(木)23時56分51秒 KD124212038105.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

上位句が決まりました。
できれば 月末までに自解をお願いいたします。
3月号に載せたいのでぜひお願いいたします。

7点句〈 1句〉
4・バス停に並ぶ白い息           ゆ

6点句〈 1句〉
17・ゆっくり雲うごいてる信号は赤      啓

4点句〈 4句〉
5・一歳の子を失くした人だった      鮎美
15・ムスッとして思春期           福露
16・薬落とす摘まむ指が弱っている     鮎美
20・街の灯りの消えるまで手をつなぐ   古戸暢

http://soneda.or.tv



[102] 新年のご挨拶

投稿者: 投稿日:2018年 1月 1日(月)13時39分59秒 KD124212038105.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

あけましておめでとうございます

http://soneda.or.tv



[101] 俳句界2017年2月号

投稿者: 投稿日:2017年12月18日(月)23時18分59秒 KD124212038105.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

【特集】代表句と年齢
~あの人のあの代表句は何歳の時、作ったか。
高濱虚子・・・山本素竹 今井肖子
水原秋櫻子・・・根岸善雄 徳田千鶴子
芝 不器男・・・対馬康子 曽根毅
能村登四郎・・・能村研三 辻 美奈子
澤木欣一・・・柏原眠雨 江見悦子
飯島晴子・・・大石香代子 高柳克弘 ほか

特別作品50句 伊丹三樹彦
21句 西川徹郎 石田郷子 藤井充子

俳句のステップ
~この季語”動く”?”動かない”?
●季語が動く””う動かない”とはどういうことか 岸本尚毅
●季語は個性 長嶺千晶
●動かない季語 今井 聖 角谷昌子 ほか

▼「代表句って、死ぬまで代表句がない、あるいは解らない」というのが本当だと自分は思います。

▼よく動く動かないという事を聞きますが、季語は動いて当然と思いますし。それは、詠み手や読み手の感性が決めることで、正解が一つではないように思います。
特に、自由律俳句では、あまり考えなくても好いように思います。季語が動くのは少し違うかなと思いますが。

http://soneda.or.tv



[100] 俳句界 2018年 1月号

投稿者: 投稿日:2017年12月18日(月)20時40分21秒 KD124212038105.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

【特集】楽しく覚える新年の名句
〇エッセイ~私が愛誦する新年の句
 立川志らく(噺家)
 清水哲男(詩人)
〇写真で見る新年の季語と名句
〇名句カルタ(初級)(中級)(上級)
〔21句〕鈴木明 有山八洲彦 鈴木正子

読者投稿欄選者競詠
有馬朗人 稲畑廣太郎 今瀬剛一 大串 章 大牧 広 櫂未知子 角川 春樹 古賀 雪江 佐藤 麻績 鈴木しげを 田島 和生 辻 桃子 夏石番矢 行方克己 西池冬扇 能村研三 原 和子 山尾 珠藻 大高霧海 ほか

「対談」小林よしのり(漫画家・評論家)

▼ものを覚えるには楽しくがキモですからね。
 正月から「良い句の姿」や「気持のあり方」を覚えるのは好いかもしれませんね。
▼小林よしのりは差別に対置向かう姿は、評価しているので、「SAPIO」は定期購読しています。
こう書くと、右の人と思われるけど、彼が、不妊治療に偏見を持っていたので、手紙で諫めたことがあります。私は何であり、偏見する人には、一言いう事にしています。
 

http://soneda.or.tv



[98] 上位句が決まりました。

投稿者: 投稿日:2017年11月10日(金)11時15分18秒 KD124212038105.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

6点句〈 1句〉
13・骨拾う手が泣いている        ゆ

5点句〈 2句〉
8・熟れた実が落ちる音の温かい     啓
10・梨剥きながら命のことなど      福露

4点句〈 3句〉
4・風が手折っていった彼岸花      啓司
6・蜻蛉は妻の指が良いらしい      風呂山
7・朧月へ裸足を放る          古戸暢

http://soneda.or.tv



[97] 上位句が決まりました。

投稿者: 投稿日:2017年10月29日(日)00時19分41秒 KD124212038105.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

5点句 〈一句〉
1・薫りふり向けば夕焼け   古戸暢

4点句 〈5句〉
8・飛行機雲の線路にのって  邦巳
9・君の手冷たい赤とんぼ   古戸暢
11・歩けば海ある道がまっすぐ 独火
16・改札口の絵笑顔迎える   風呂山
17・山があって山を観る    邦巳

http://soneda.or.tv


レンタル掲示板
98件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.