団員おしゃべり部屋



カテゴリ:[ 合唱 ]


136件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[151] イ母音

投稿者: Hiro.U 投稿日:2017年 9月19日(火)12時28分21秒 pw126186048178.7.panda-world.ne.jp  通報   返信・引用

はい、何度も指揮者に同じこと言わせてごめんなさい。
私だけでなく、誰もが何らかの悩みを抱えてるでしょうが、
それを嘆くだけじゃ1ミリたりとも能力は向上しません。
嘆くだけならサルでもできます(比喩じゃない。サルかて生きてりゃ嘆きたくなることもある)。
次回までに徹底してイ母音修正してきます。




[150] びわ湖ホール

投稿者: cond T 投稿日:2017年 9月12日(火)16時53分13秒 pcb013.ztv.ne.jp  通報   返信・引用

びわ湖ホール出演、楽しみです。何とか満足できる演奏にしたいものです。自分のメロディーを歌い込んで気持ちを表現できるまで頑張りましょう。



[149] びわ湖ホールデビューへ

投稿者: カマイ婆 投稿日:2017年 9月12日(火)13時38分36秒 101-142-2-17f1.shg1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

合唱団としての初舞台、素晴らしいチャンスもらって緊張します。「アンサンブルの楽しみ」を発揮するに
今回の選曲は初ステージにふさわしいと思います。
1曲目「あいしてる」はピュアな一年生のこころを
2曲目「ティオの夜の旅」は「ハックルベリーフィンの冒険」みたいなわくわくするような少年の冒険心を
表現できたらなあと思います。



[148] 予感

投稿者: cond T 投稿日:2017年 8月22日(火)20時03分31秒 pcb013.ztv.ne.jp  通報   返信・引用

歌い込めばナントからなりそうな予感が。要は修正・歌い込みで自分の歌にすること。



[147] アンサンブルの楽しみ

投稿者: カマイ婆 投稿日:2017年 8月16日(水)08時49分11秒 sp49-106-204-210.msf.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

アンサンブルの楽しみって?
聴き合って音楽作り上げていくことだと思う。
極端な場合、指揮者ももちろんソリストも不要だろう。
この機会に合唱の基本の基に団員全員が同じ想いに
むかえば一皮むけて脱皮できるのでは。
最近のアンコン、指揮者なしでの演奏が増えたと。



[146] はじまり

投稿者: cond T 投稿日:2017年 6月 5日(月)20時32分54秒 pcb013.ztv.ne.jp  通報   返信・引用

はじまり。曲を選ぶ時、心の襞に触れるものを選びたいと思っています。内面の思い、内に秘めた決意、そういった即物的なものでない詩を選んでしまいます。
楽譜をぺらぺらとめくっていくと皆さんが歌っている表情が浮かんできて、この曲は無理だとかこの曲ならとか感じます。今回の曲は、自然の中で素直に感じた「なにか」を求める姿を表していて、心が響きやすいのではと考えました。
音自体はそんなに難しくないのですが、その分表現力が必要になります。特に8分音符をどう表現するかが肝になってきます。あと2回しか練習はありませんが、精一杯やりましょう。日曜の練習で光が見えてきたので、あと一歩です。



[145] 「はじまり」の解説

投稿者: カマイ婆 投稿日:2017年 6月 5日(月)17時13分21秒 119-229-102-147f1.shg1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

『工藤直子さんの詩集「てつがくのライオン」のなかの「たくさんの心」のなかにこの作品<はじまり>の詩があります。
工藤さんは詩集「てつがくのライオン」の<はじまり>を創作する際、自分のまわりの光や風が、自分の中の深いところと結ばれていることに気づき、自分の中の心の内側の<ナニカ>に動かされて この作品が生れたと述べています。
人はみな 自分の中にコトバでは言い表せない<ナニカ>を抱いて生きているんではないだろうか・・・・そんな思いからこの作品が生まれたそうです。
この<はじまり>の詩は、木下牧子さんの作曲により少年少女向けの合唱用に曲が付けられ、合唱曲集「光と風をつれて」の最後の混声3部合唱曲として収録されました。
工藤直子さんは多くのひとびとが 「光と風をつれて」の合唱をつうじながら、<はじまり>の詩のなかの<ナニカ>について考えてほしいと伝えたかったようです。』
以上は、ネットサーフィンで検索した解説でした。
それほど難解ではないですが、身近な畑や川、森、背伸びしてみる地平線、雲のかなたの空と遠景への拡がりから自分も含めた内なる鼓動をのせて廻る地球を神の視点で見つめる中で「なにか」が「あそこ」ではじまってることに気づく・・・そんな内容かとおもいます。
近景から遠景への拡がりや光より早い風のスピード感、昨日みたブルーインパルスの描く弧のような青空のイメージに「忘れたいこと・わかりたい」ことなど些細な日常などどうでもいいような世界がはじまってることに気づく。こんなところでいかがでしょうか



[144] 合唱祭にむけての戦略

投稿者: カマイ婆 投稿日:2017年 5月24日(水)09時55分26秒 119-229-102-147f1.shg1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

市民音楽祭で指揮者からステージ段の使い方について2段つかうと客席見下ろしてる感じで圧迫感ない?と言われ、さすがやなあと思った。小ホールでは声楽アンサンブルも馬蹄形の並びであったかと。そこでや、
一人ひとりの音も取れて歌えるようになった段階では曲により並びを工夫してはどうでしょう。
たとえば「あいしてる」はSATB→SBTAに、「はじまり」はほぼ馬蹄形に。
練習時も前列と後列でステージに立った感じで前で歌う練習などしてみては?。
先日の市民音楽祭のCD聞いてあまりにも指揮見てない演奏にちょっと不安を抱いて 専門家でもないのに余計なおせっかいです、ごめんなさい。



[143] 市民音楽祭

投稿者: cond T 投稿日:2017年 5月14日(日)22時15分51秒 pcb013.ztv.ne.jp  通報   返信・引用

皆さん今日はお疲れさまでした。一昨日までは非常に不安な状態でしたが、昨日繰り返して歌いこんだおかげで形ができてきたようです。メロディ―を自分のものとして歌っていくこと、言葉を明確にきく人に伝えること、明るい音にしていくこと、等合唱祭に向けて精度を上げていきましょう。今日も色んな入りの場面で楽譜に見入ってしまったところもあり、楽譜を離すと更にいい音楽になると思います。これに今日欠席の方々も加わればさらに厚みが出てきます。よろしくお願いいたします。(次週は練習お休みです、念のため)
追伸 最終の全員合唱まで残っていただいた方々、ありがとうございました。



[142] 28日ラ・フォル・ジュルネ

投稿者: cond T 投稿日:2017年 4月26日(水)20時20分51秒 pcb013.ztv.ne.jp  通報   返信・引用

今月末は、びわ湖ホールでラ・フォル・ジュルネが開かれ、彦根混声からは、28日19時からの「カルミナ・ブラーナ」に細井氏・森田氏・私の3名が参加します。どなたも絶対に聴いたことのある壮大な音楽です。
オーケストラは日本センチュリー交響楽団、指揮はびわ湖ホール芸術監督の沼尻竜典氏。壮大な合唱付き管弦楽曲です。入場料は2,000円と廉価ですのでお時間があれば当日券でお越しください。
今日は、日本センチュリーの練習場に立ち会ってきました。短い時間で自分の音楽を積み上げていくプロの音楽家たちを目の当たりにして、非常に勉強になりました。自分の要求をしっかりと要求していくには、強権だけでなく、一緒に作っていこうという姿勢も非常に大切だと感じました。今後の参考にしたいと思います。
この練習でスケジュールが立て込んでしまい、体力的にはつらいのもがありました。この辺も今後は注意をしなければなりません。   では、今後ともよろしくお願いいたします。


レンタル掲示板
136件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.