teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(13)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


syougi

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年11月14日(火)12時50分44秒
返信・引用
 
 
 

市況

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年11月14日(火)07時41分19秒
返信・引用 編集済
  NYMEX原油先物 ポイント 56.74 -0.01
NYMEX金先物 11月限 1272.4 +4.6
NYMEXプラチナ先物 12月限 930.2 +3.6
NYMEXガソリン 11月限 1.8124 -0.0248
WTI ・・・ 56.7 +0
シカゴコーン ・・・ 343.5 -1.25
シカゴ大豆 ・・・ 977.25 -13
シカゴコーヒー ・・・ 127.55 +0
CRB商品指数 ポイント 191.648 +0

〔ロンドン金属〕おおむね軟調=アルミは続伸(13日)





 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで28.75ドル安の6767.75ドル、3カ月物は32.50ドル安の6801.50ドル。カーブ取引終値は109.00ドル高の6895.00ドル。非鉄相場はおおむね軟調。アルミは続伸したが、銅など他の金属は軒並み反落した。ニッケル主導で下げた前週からの売り地合いが続いていることに加え、中国の鉱工業生産、都市部固定資産投資の発表をあすに控え、調整売りが出たようだ。ただ、CMCマーケッツのアナリスト、デビッド・マッデン氏は「銅はしっかりしている。中国の各種経済指標も堅調なので、しばらくこの基調は続くだろう」と強気の見通しを示した。  ▽アルミ=直物は10.00ドル高の2099.50ドル、3カ月物は10.00ドル高の2113.50ドル。カーブ取引終値は7.00ドル高の2108.00ドルだった。  ▽ニッケル=直物は5.00ドル安の1万2277.50ドル、3カ月物は42.50ドル安の1万2305.00ドル。カーブ取引終値は最後に値が付いた9日終値比190.00ドル高の1万2490.00ドル。  ▽鉛、その他=鉛の直物は44.75ドル安の2501.75ドル、3カ月物は41.75ドル安の2508.75ドル。カーブ取引終値は4.00ドル高の2523.00ドル。亜鉛の直物は46.75ドル安の3242.50ドル、3カ月物は33.00ドル安の3199.50ドル。カーブ取引終値は6.00ドル安の3213.00ドル。スズは直物が305.00ドル安の1万9382.50ドル、3カ月物は305.00ドル安の1万9307.50ドル。カーブ取引終値は75.00ドル高の1万9500.00ドル。(ロンドン時事) [時事通信社]
 

市況

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年11月13日(月)08時45分6秒
返信・引用
  NYMEX原油先物 ポイント 56.74 +0.19
NYMEX金先物 12月限 1274.2 +1.1
NYMEXプラチナ先物 1月限 932.1 -1.8
NYMEXガソリン 11月限 1.8124 +0.0158
WTI ・・・ 56.7 +0
シカゴコーン ・・・ 343.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 977.25 +0
シカゴコーヒー ・・・ 127.55 +0
CRB商▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで20.00ドル高の6796.50ドル、3カ月物は32.75ドル高の6834.00ドルと、ともに5営業日ぶりに反発した。ただ、カーブ取引は22.00ドル安の6786.00ドルと続落した。  サクデン・フィナンシャルはこの日の非鉄リポートで「LMEの非鉄相場は総じてテクニカル要因で動いた。方向感を欠いた取引で、出来高は少なかった」と指摘した。  ▽アルミ=直物は11.75ドル高の2089.50ドル、3カ月物は11.75ドル高の2103.50ドルと、いずれも5日ぶりに反発した。カーブ取引は8.00ドル高の2101.00ドル。  ▽ニッケル=直物は55.00ドル高の1万2282.50ドル、3カ月物は45.00ドル高の1万2347.50ドルと、それぞれ4日ぶりに反発した。カーブ取引は1万2105.00~1万2110.00ドルの気配値で引けた。  ▽鉛、その他=鉛の直物は42.75ドル高の2546.50ドルと3日続伸し、3カ月物は43.50ドル高の2550.50ドルと反発した。カーブ取引は5.00ドル高の2519.00ドル。  亜鉛の直物は57.75ドル高の3289.25ドル、3カ月物は59.50ドル高の3232.50ドルと、いずれも4日ぶりに反発した。カーブ取引は43.00ドル高の3219.00ドル。  スズの直物は215.00ドル高の1万9687.50ドルと5日ぶりに反発し、3カ月物は235.00ドル高の1万9612.50ドルと4日ぶりに反発した。カーブ取引は変わらずの1万9425.00ドル。(ロンドン時事) [時事通信社]品指数 ポイント 191.8689 +0
 

将棋

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年11月11日(土)21時21分50秒
返信・引用
   

市況

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年11月10日(金)08時11分26秒
返信・引用
  〔ロンドン金属〕銅、4日続落(9日)

 ▽銅=銅の直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで34.50ドル安の6776.50ドル、3カ月物は35.75ドル安の6801.25ドルと、それぞれ4日続落した。カーブ取引は47.00ドル安の6808.00ドルと反落した。  サクデン・フィナンシャルは非鉄リポートで「中国の消費者物価も卸売物価も予想から上振れし、ドルは小安く推移した。どちらも非鉄市場の支援材料になるはずだったが、ニッケルの急落に(他の金属も)つれ安となった」と分析した。  ▽アルミ=直物は25.50ドル安の2077.75ドル、3カ月物は27.25ドル安の2091.75ドルと、いずれも4日続落した。カーブ取引は16.00ドル安の2093.00ドル。  ▽ニッケル=直物は335.00ドル安の1万2227.50ドル、3カ月物は315.00ドル安の1万2302.50ドルと、それぞれ3日続落。カーブ取引は400.00ドル安の1万2300.00ドル。  ▽鉛、その他=鉛はまちまち。直物は5.00ドル高の2503.75ドルと続伸し、3カ月物は2.00ドル安の2507.00ドルと反落した。カーブ取引は7.50ドル高の2514.00ドル。  亜鉛の直物は3.75ドル安の3231.50ドル、3カ月物は11.25ドル安の3173.00ドルと、いずれも3日続落した。カーブ取引は16.00ドル安の3176.00ドル。  スズの直物は75.00ドル安の1万9472.50ドルと4日続落し、3カ月物は42.50ドル安の1万9377.50ドルと3日続落した。カーブ取引は50.00ドル安の1万9425.00ドル。(ロンドン時事) [時事通信社]
鉄・非鉄金属関連ニュース
 

市況

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年11月 9日(木)07時56分8秒
返信・引用 編集済
  NYMEX原油先物 ポイント 57.2 -0.38
NYMEX金先物 11月限 1273.7 +11.2
NYMEXプラチナ先物 12月限 923.6 +12.4
NYMEXガソリン 11月限 1.8153 +0.0089
WTI ・・・ 57.14 +0
シカゴコーン ・・・ 348.25 +0
シカゴ大豆 ・・・ 988 +0
シカゴコーヒー ・・・ 125.5 +0.8
CRB商品指数 ポイント 191.847 +0

〔ロンドン金属〕銅、カーブ取引は反発(8日)☆1
 ▽銅=銅の直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで51.75ドル安の6811.00ドル、3カ月物は62.50ドル安の6837.00ドルと、それぞれ3営業日続落した。カーブ取引は29.00ドル高の6855.00ドルと反発した。  オアンダのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は「銅相場はドルの弱さを支援材料に、幾分反発した。値固め局面を迎えている」と話した。  一方、コメルツバンクはこの日の商品リポートで「10月の中国の銅・銅製品輸入は33万トンと、前月比23%の大幅減となった。6カ月ぶりの低水準だ。中国の貿易関係者は需要の落ち込みが背景にあるとみている」と指摘した。  サクデン・フィナンシャルは「新規の取引材料を欠き、LMEの非鉄相場は総じてテクニカル主導で動いた」と分析した。  ▽アルミ=直物は27.25ドル安の2103.25ドル、3カ月物は31.25ドル安の2119.00ドルと、いずれも3日続落した。カーブ取引は23.00ドル安の2109.00ドル。(CN82に続く) [時事通信社]
 

市況

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年11月 8日(水)07時44分15秒
返信・引用
  NYMEX原油先物 ポイント 57.35 -0.41
NYMEX金先物 11月限 1279.4 -7.8
NYMEXプラチナ先物 11月限 931 -8.9
NYMEXガソリン 11月限 1.83 -0.0234
WTI ・・・ 57.29 +0
シカゴコーン ・・・ 348 -0.5
シカゴ大豆 ・・・ 984 +1.5
シカゴコーヒー ・・・ 124.7 -0.85
CRB商品指数 ポイント 192.568 +0

〔ロンドン金属〕非鉄、全面安(7日)





 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで39.50ドル安の6862.75ドル、3カ月物は37.75ドル安の6899.50ドルと、それぞれ続落した。カーブ取引は144.00ドル安の6826.00ドル。  サクデン・フィナンシャルはこの日のリポートで「非鉄相場はこのところのレンジの下限付近で取引された。CTAによる手じまいが弱さの主因だ」と指摘した。  一方、英CMCマーケッツのアナリスト、デービッド・マッデン氏は「銅は年初来大きく上昇しており、見通しは引き続き上向きだ」と話した。  ▽アルミ=直物は21.00ドル安の2130.50ドル、3カ月物は22.00ドル安の2150.25ドルと、いずれも続落した。カーブ取引は39.00ドル安の2132.00ドル。  ▽ニッケル=直物は25.00ドル安の1万2802.50ドル、3カ月物は37.50ドル安の1万2845.00ドルと、それぞれ反落した。カーブ取引は265.00ドル安の1万2655.00ドル。  ▽鉛、その他=鉛の直物は6.50ドル安の2482.50ドル、3カ月物は0.75ドル安の2492.50ドルと、いずれも6営業日ぶりに反落した。カーブ取引は14.00ドル安の2496.00ドル。  亜鉛の直物は30.50ドル安の3258.50ドル、3カ月物は36.00ドル安の3213.50ドルと、それぞれ反落した。カーブ取引は66.00ドル安の3166.00ドル。スズの直物は12.50ドル安の1万9575.00ドルと続落し、3カ月物は35.00ドル安の1万9462.50ドルと3日ぶりに反落した。カーブ取引は逆行高となり、130.00ドル高の1万9580.00ドル。(ロンドン時事) [時事通信社]
 

市況

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年11月 6日(月)08時10分16秒
返信・引用
  NYMEX原油先物 ポイント 55.64 +0
NYMEX金先物 4月限 1277.4 +0
NYMEXプラチナ先物 7月限 930.7 +0
NYMEXガソリン 3月限 1.9174 +0
WTI ・・・ 55.58 +0
シカゴコーン ・・・ 348.25 +0
シカゴ大豆 ・・・ 977 +0
シカゴコーヒー ・・・ 123.95 +0
CRB商品指数 ポイント 188.1263 +0

〔NY非鉄〕銅、反落(3日)

 銅は反落。12月きりの清算値は2.60セント安の311.75セント。(DJ時事) [時事通信社]
 

詰め将棋

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年11月 3日(金)11時02分21秒
返信・引用
   

市況

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年11月 2日(木)07時24分5秒
返信・引用
  NYMEX原油先物 ポイント 54.3 -0.04
NYMEX金先物 12月限 1277.3 -1.3
NYMEXプラチナ先物 1月限 936.7 -1.2
NYMEXガソリン 11月限 1.741 +0.0036
WTI ・・・ 54.31 +0
シカゴコーン ・・・ 348.25 +0
シカゴ大豆 ・・・ 981 +0
シカゴコーヒー ・・・ 122.85 -2.25
CRB商品指数 ポイント 187.5576 +0

〔ロンドン金属〕ニッケル、2年ぶり高値=EVのバッテリー需要で(1日午前)





 1日午前のロンドン金属取引所(LME)のニッケル相場は6%近く上昇し、2年ぶり高値を記録した。電気自動車(EV)に使われる充電式リチウムイオン電池のメーカーからの強い需要見通しが支援材料。  LMEのニッケル3カ月物は1108GMT(日本時間午後8時8分)時点で4.9%高の1万2895ドル。年初来では約30%高。  コメルツ銀行のアナリスト、オイゲン・ワインベルク氏は「市場は未来に照準を合わせている。しかし、現時点のニッケル供給は十分で、在庫も高水準であるため、現在のニッケル価格の上昇は恐らく、時期尚早だ」と述べた。  LMEの銅3カ月物は2.2%高の6992ドル。(ロイターES時事) [時事通信社]

〔ロンドン金属〕銅、下落(31日)





 ▽銅=銅の直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで20.75ドル安の6801.75ドル、3カ月物は19.00ドル安の6830.50ドルと、それぞれ5営業日続落した。カーブ取引は28.00ドル安の6839.00ドル。  銅はじり安となったが、月間ベースでは約5%高。ロイター通信は、10月の上昇幅がやや大きかったとの懸念が市場に広がったとの見方を伝えた。  ▽アルミ=直物は2.75ドル安の2139.75ドル、3カ月物は4.00ドル安の2156.50ドルと、いずれも反落した。カーブ取引は3.00ドル安の2160.00ドル。  ▽ニッケル=直物は340.00ドル高の1万1830.00ドル、3カ月物は335.00ドル高の1万1872.50ドルと、それぞれ続伸した。カーブ取引は620.00ドル高の1万2295.00ドル。  ▽鉛、その他=鉛の直物は7.00ドル高の2420.50ドル、3カ月物は11.25ドル高の2431.00ドルと、いずれも3日ぶりに反発した。カーブ取引は4.00ドル高の2414.00ドル。  亜鉛の直物は49.75ドル高の3319.75ドル、3カ月物は45.75ドル高の3249.00ドルと、それぞれ続伸した。カーブ取引は56.00ドル高の3265.00ドル。  スズの直物は397.50ドル安の1万9502.50ドル、3カ月物は477.50ドル安の1万9275.00ドルと、いずれも反落した。カーブ取引は25.00ドル安の1万9375.00ドル。(ロンドン時事) [時事通信社]
 

市況

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年11月 1日(水)07時35分3秒
返信・引用
  NYMEX原油先物 ポイント 54.38 +0.25
NYMEX金先物 12月限 1270.5 +1.1
NYMEXプラチナ先物 1月限 919.6 +2.4
NYMEXガソリン 11月限 1.7325 +0.0175
WTI ・・・ 54.06 +0
シカゴコーン ・・・ 345.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 973.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 125.25 -0.65
CRB商品指数 ポイント 187.5295 +0
 

市況

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月30日(月)07時36分49秒
返信・引用
  NYMEX原油先物 ポイント 53.9 +0.18
NYMEX金先物 11月限 1268.2 +2.2
NYMEXプラチナ先物 1月限 914.6 +2.9
NYMEXガソリン 10月限 1.7686 +0.0089
WTI ・・・ 53.87 +0
シカゴコーン ・・・ 348.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 975.25 +0
シカゴコーヒー ・・・ 126.6 +0
CRB商品指数 ポイント 185.935 +0

〔ロンドン金属〕非鉄、全面安(27日)





 ▽銅=銅の直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで133.25ドル安の6831.25ドル、3カ月物は139.50ドル安の6850.75ドルと、それぞれ3日続落した。カーブ取引も156.00ドル安の6830.00ドルと大幅に下落した。  サクデン・フィナンシャルはこの日のリポートで「LMEの非鉄相場はニッケル主導で下落した。ドル高などが背景だ」と指摘した。週末で利益確定売りも出たもようだ。  ▽アルミ=直物は56.00ドル安の2118.50ドル、3カ月物は46.00ドル安の2141.50ドルと、いずれも4日ぶりに反落した。カーブ取引は22.00ドル安の2168.00ドル。  ▽ニッケル=直物は475.00ドル安の1万1367.50ドルと3日続落し、3カ月物は512.50ドル安の1万1372.50ドルと大幅反落した。カーブ取引は1万1580.00~1万1585.00ドルの気配値で引けた。  ▽鉛、その他=鉛の直物は61.00ドル安の2430.50ドル、3カ月物は62.00ドル安の2433.50ドルと、それぞれ反落した。カーブ取引は58.00ドル安の2424.00ドル。  亜鉛の直物は99.50ドル安の3200.50ドル、3カ月物は83.00ドル安の3144.50ドルと、それぞれ反落した。カーブ取引は52.50ドル安の3172.50ドル。  スズの直物は422.50ドル安の1万9775.00ドルと4日ぶりに反落し、3カ月物は290.00ドル安の1万9625.00ドルと反落した。カーブ取引は逆行高となり、25.00ドル高の1万9875.00ドル。(ロンドン時事) [時事通信社]
 

市況

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月27日(金)07時48分24秒
返信・引用
  NYMEX原油先物 ポイント 52.64 +0.1
NYMEX金先物 10月限 1266.3 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 922.1 -1.8
NYMEXガソリン 10月限 1.7506 -0.0002
WTI ・・・ 52.39 +0
シカゴコーン ・・・ 350.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 971.25 +0
シカゴコーヒー ・・・ 124.4 +0.3
CRB商品指数 ポイント 185.4023 +0

〔ロンドン金属〕銅、カーブ取引は下落(26日)
 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで5.75ドル安の6964.50ドル、3カ月物が0.25ドル安の6990.25ドルと、ともに小幅続落した。カーブ取引は24.00ドル安の6986.00ドル。  英ファースト・マーケッツのアナリスト、ウィリアム・アダムズ氏は「出足は力強かったが、7000ドルを下回る水準に値を消した。ただ、下値は固く、上値を試してもみ合いが続いている状況だ」と話した。  ▽アルミ=直物は25.25ドル高の2174.50ドル、3カ月物が29.00ドル高の2187.50ドルと、それぞれ3営業日続伸した。カーブ取引は4.00ドル高の2190.00ドル。ロイター通信は、アルミ相場が中国の減産見通しを背景に2012年3月以来、約5年半ぶりの高値を付けたと報じた。  ▽ニッケル=直物は5.00ドル安の1万1842.50ドルと続落し、3カ月物が2.50ドル高の1万1885.00ドルと反発した。カーブ取引は120.00ドル安の1万1745.00ドル。  ▽鉛、その他=鉛の直物は6.25ドル高の2491.50ドル、3カ月物は1.00ドル高の2495.50ドルと、ともに反発した。カーブ取引は8.00ドル安の2482.00ドル。  亜鉛の直物は48.75ドル高の3300.00ドル、3カ月物は43.00ドル高の3227.50ドルと、それぞれ反発した。カーブ取引は34.00ドル高の3225.00ドル。スズの直物は360.00ドル高の2万0197.50ドルと3日続伸し、3カ月物は202.50ドル高の1万9915.00ドルと反発した。カーブ取引は40.00ドル安の1万9850.00ドル。(ロンドン時事) [時事通信社]






 

市況

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月26日(木)08時23分22秒
返信・引用 編集済
  NYMEX原油先物 ポイント 52.18 -0.03
NYMEX金先物 11月限 1276.3 +0.9
NYMEXプラチナ先物 1月限 926.7 +0.7
NYMEXガソリン 10月限 1.7348 +0.0002
WTI ・・・ 51.96 +0
シカゴコーン ・・・ 351 +0
シカゴ大豆 ・・・ 975.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 124.1 +0
CRB商品指数 ポイント 185.824 +0

ロンドン金属〕銅、カーブ取引は小幅高(25日)





 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで103.00ドル安の6970.25ドル、3カ月物が105.00ドル安の6990.50ドルと、ともに急反落し、7000ドルの大台を割り込んだ。ただ、カーブ取引は6.00ドル高の7010.00ドル。  サクデン・フィナンシャルはこの日の非鉄リポートで「LMEは値動きが荒く、総じて方向感のない商いだった。取引レンジはおおむね前日と同じ。ただ、銅は寄り付きで6925ドル近辺に急落後、急速に回復した」と指摘した。  ▽アルミ=直物は5.50ドル高の2149.25ドル、3カ月物が3.00ドル高の2158.50ドルと、いずれも続伸した。カーブ取引は31.00ドル高の2186.00ドル。  ▽ニッケル=直物は100.00ドル安の1万1847.50ドル、3カ月物が132.50ドル安の1万1882.50ドルと、それぞれ反落した。カーブ取引は130.00ドル安の1万1865.00ドル。  ▽鉛、その他=鉛の直物は17.75ドル安の2485.25ドル、3カ月物は12.50ドル安の2494.50ドルと、いずれも反落した。カーブ取引は20.00ドル高の2490.00ドル。亜鉛の直物は13.25ドル安の3251.25ドル、3カ月物は13.00ドル安の3184.50ドルと、それぞれ反落した。カーブ取引は14.00ドル高の3191.00ドル。  スズの直物は7.50ドル高の1万9837.50ドルと続伸し、3カ月物は10.00ドル安の1万9712.50ドルと反落した。カーブ取引は115.00ドル高の1万9890.00ドル。(ロンドン時事) [時事通信社]
 

株式

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月26日(木)08時20分42秒
返信・引用
   

民間議員

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月25日(水)07時38分37秒
返信・引用 編集済
   

株価

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月25日(水)07時25分3秒
返信・引用 編集済
  NYMEX原油先物 ポイント 52.47 +0.04
NYMEX金先物 11月限 1275.8 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 925.5 +0.2
NYMEXガソリン 10月限 1.7155 +0.0209
WTI ・・・ 51.86 +0
シカゴコーン ・・・ 352.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 975.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 123.3 -1.05
CRB商品指数 ポイント 184.7112 +0

〔ロンドン金属〕銅、カーブ取引は上昇(23日)
 ▽銅=銅の直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで49.75ドル安の6958.50ドル、3カ月物は42.75ドル安の6989.75ドルと、それぞれ反落した。カーブ取引は52.00ドル高の7004.00ドル。  サクデン・フィナンシャルはこの日の非鉄リポートで「LMEは総じて静かな週明けになった。相場はおおむね先週末のレンジ内で、出来高も低調だった」と指摘した。  英CMCマーケッツのアナリスト、デービッド・マッデン氏は「銅相場は先週の値下がり後に少し回復した。今後もこの流れが続く公算が大きい」と述べた。  ▽アルミ=直物は25.75ドル安の2133.00ドル、3カ月物は21.25ドル安の2144.50ドルと、いずれも3営業日ぶりに反落した。カーブ取引は1.00ドル高の2137.00ドル。  ▽ニッケル=直物は305.00ドル安の1万1742.50ドル、3カ月物は290.00ドル安の1万1805.00ドルと、それぞれ反落した。カーブ取引は125.00ドル高の1万1860.00ドル。  ▽鉛、その他=鉛の直物は30.25ドル安の2471.50ドル、3カ月物は34.00ドル安の2478.50ドルと、いずれも反落した。カーブ取引は30.00ドル高の2500.00ドル。亜鉛の直物は32.00ドル安の3175.50ドル、3カ月物は26.00ドル安の3121.50ドルと、それぞれ反落した。カーブ取引は29.00ドル高の3129.00ドル。  スズの直物は175.00ドル安の1万9737.50ドル、3カ月物は187.50ドル安の1万9587.50ドルと、いずれも続落した。カーブ取引は5.00ドル高の1万9580.00ドル。(ロンドン時事) [時事通信社]
 

決算

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月25日(水)03時25分43秒
返信・引用
   

商品

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月24日(火)07時44分51秒
返信・引用
  NYMEX原油先物 ポイント 51.9 +0.03
NYMEX金先物 12月限 1280.9 +2.2
NYMEXプラチナ先物 1月限 927.2 +1
NYMEXガソリン 10月限 1.6783 -0.0026
WTI ・・・ 51.58 +0
シカゴコーン ・・・ 351.25 +0
シカゴ大豆 ・・・ 980.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 124.35 -0.9
CRB商品指数 ポイント 184.1165 +0

〔ロンドン金属〕銅、カーブ取引は上昇(23日)

 ▽銅=銅の直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで49.75ドル安の6958.50ドル、
3カ月物は42.75ドル安の6989.75ドルと、それぞれ反落した。
カーブ取引は52.00ドル高の7004.00ドル。
 サクデン・フィナンシャルはこの日の非鉄リポートで「LMEは総じて静かな週明けになった。相場はおおむね先週末のレンジ内で、出来高も低調だった」と指摘した。  英CMCマーケッツのアナリスト、デービッド・マッデン氏は「銅相場は先週の値下がり後に少し回復した。今後もこの流れが続く公算が大きい」と述べた。  ▽アルミ=直物は25.75ドル安の2133.00ドル、3カ月物は21.25ドル安の2144.50ドルと、いずれも3営業日ぶりに反落した。カーブ取引は1.00ドル高の2137.00ドル。  ▽ニッケル=直物は305.00ドル安の1万1742.50ドル、3カ月物は290.00ドル安の1万1805.00ドルと、それぞれ反落した。カーブ取引は125.00ドル高の1万1860.00ドル。  ▽鉛、その他=鉛の直物は30.25ドル安の2471.50ドル、3カ月物は34.00ドル安の2478.50ドルと、いずれも反落した。カーブ取引は30.00ドル高の2500.00ドル。亜鉛の直物は32.00ドル安の3175.50ドル、3カ月物は26.00ドル安の3121.50ドルと、それぞれ反落した。カーブ取引は29.00ドル高の3129.00ドル。  スズの直物は175.00ドル安の1万9737.50ドル、3カ月物は187.50ドル安の1万9587.50ドルと、いずれも続落した。カーブ取引は5.00ドル高の1万9580.00ドル。(ロンドン時事) [時事通信社]
 

商品市況

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月23日(月)08時39分9秒
返信・引用 編集済
  NYMEX原油先物 ポイント 51.84 +0.32
NYMEX金先物 11月限 1278.6 -1.4
NYMEXプラチナ先物 12月限 925.4 -3.1
NYMEXガソリン 10月限 1.6781 +0.0109
WTI ・・・ 51.58 +0
シカゴコーン ・・・ 344.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 978.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 125.25 +0
CRB商品指数 ポイント 184.0709 +0

〔ロンドン金属〕銅、4日ぶり反発=中国需要に期待(20日)☆1





 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで88.75ドル高の7008.25ドル、
3カ月物は70.00ドル高の7032.50ドル。
カーブ取引終値は15.00ドル安の6952.00ドル。

 非鉄相場はスズを除いて堅調だった。中国の経済指標改善を受けて金属需要の回復期待が高まり、銅を中心に幅広く買いが入った。銅は4日ぶりに反発し、7000ドル台を回復。
ニッケルは供給不足懸念から1万2000ドル台に乗せ、9月上旬以来1カ月半ぶりの高値を付けた。
鉛は4営業日ぶりに反発。
アルミは続伸し、
亜鉛は反発した。
一方、スズは反落。
▽アルミ=直物は30.50ドル高の2158.75ドル、
3カ月物は27.50ドル高の2165.75ドル。
カーブ取引終値は17.00ドル安の2136.00ドルだった。
 ▽ニッケル=直物は370.00ドル高の1万2047.50ドル、
3カ月物は360.00ドル高の1万2095.00ドル。
カーブ取引終値は5.00ドル安の1万1735.00ドル。
 ▽鉛、その他=鉛の直物は11.25ドル高の2501.75ドル、3カ月物は16.50ドル高の2512.50ドル。
カーブ取引は2465.00~2470.00ドルの気配値で取引を終えた。
 亜鉛の直物は37.75ドル高の3207.50ドル、
3カ月物は40.50ドル高の3147.50ドル。
カーブ取引終値は14.00ドル安の3100.00ドル。(CN82に続く) [時事通信社]
 

商品

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月20日(金)08時06分43秒
返信・引用
  NYMEX原油先物 ポイント 51.29 +0.13
NYMEX金先物 11月限 1288.1 +2.5
NYMEXプラチナ先物 1月限 925.9 +1.4
NYMEXガソリン 10月限 1.6447 +0.0007
WTI ・・・ 51.24 +0
シカゴコーン ・・・ 349 +0
シカゴ大豆 ・・・ 986.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 126.85 +0
CRB商品指数 ポイント 183.9923 +0


〔ロンドン金属〕銅、3日続落=中国GDP映す(19日)☆1





 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで51.75ドル安の6919.50ドル、3カ月物は49.00ドル安の6962.50ドル。カーブ取引終値は23.00ドル安の6967.00ドル。  非鉄相場はさえない。中国の7~9月期国内総生産(GDP)が1年半ぶりに減速したことを受け、売り優勢の展開となった。銅の直物と3カ月物が3日続落し、3カ月物は4営業日ぶりに7000ドルを割り込んだ。鉛も3日続落し、ニッケルと亜鉛は反落した。一方、アルミとスズは反発した。  アッセンド・マーケッツのアナリスト、マイク・ヴァン・ダルケン氏は「銅相場はさらに値を下げ、6月ごろの水準まで下押す可能性がある」と指摘。ただ「中国の7~9月期GDPはポジティブで、非鉄相場を支えるのに十分な内容だった。きょう非鉄が売られたのは利食いが出たためだろう」との見方を示した。  ▽アルミ=直物は22.00ドル高の2128.25ドル、3カ月物は12.75ドル高の2138.25ドル。カーブ取引終値は33.00ドル高の2153.00ドルだった。  ▽ニッケル=直物は65.00ドル安の1万1677.50ドル、3カ月物は75.00ドル安の1万1735.00ドル。カーブ取引終値は95.00ドル高の1万1740.00ドル。  ▽鉛、その他=鉛の直物は2.00ドル安の2490.50ドル、3カ月物は9.75ドル安の2496.00ドル。カーブ取引終値は52.00ドル安の2470.00ドル。 (CN82に続く) [時事通信社]

 

日本はデフレ病

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月19日(木)10時00分43秒
返信・引用
  日本だけが先進国でデフレ、中国は経済が1500%伸びた、一番経済成長していないドイツでさえ30%成長したが、日本は経済が収縮していて、このままでは後進国になってしまうと内閣官房参与の藤井氏はいう。

中国はGDPがアメリカの10%程度だったのが、アメリカの70%程度までに拡大した、

国力を示す言葉に富国強兵があるが、中国はアメリカに並ぶ力を付けてきたと話す、また軍需費も20倍に拡大している。

改革を言う政党がたくさんあるが、改革とは供給サイドを改革するという話なのでデフレ脱却にはならない、日本は需要不足なのだから、需要を増やす政策でなければ日本の処方箋としては誤りと話す。

政府の借金は家庭の借金とは意味がまるで違うので、借金という言葉を使ってはだめだ、国は家庭や地方と違って通貨発行権があるので、国民経済が回るように運営しなければならない。
政府の借金はロールをーバーさせて根雪のごとく積み重ねても国民経済を廻さなければ、日本経済は収縮する、国際的にどこまでもロールオーバーの許される借金なので、借金と呼んではいけないと話す。

それを借金と呼んでデフレ政策を行なっているうちに日本経済は1/3になってしまった、そんなことを行なっているのは馬鹿で日本は後進国になると危機感を話し、日本は経済政策を間違えていると内閣官房参与の藤井氏は話す。

日本の財政悪化の原因はデフレで、デフレ政策を行なっているうちにGDPがさらに低下して20兆円まで落ちて発展途上国になってしまう。

積極的な財政出動を行わなければいけない。

デフレ時に増税した国を役人と一緒に調べたが、まったく無かったと話す、当然でデフレ時に増税する馬鹿がいないのは当然なのだと話す。  
 

市況

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月19日(木)07時54分46秒
返信・引用
  NYMEX原油先物 ポイント 52.04 +0.05
NYMEX金先物 11月限 1281.2 -0.8
NYMEXプラチナ先物 1月限 924.6 -0.9
NYMEXガソリン 10月限 1.6429 +0.0095
WTI ・・・ 52 +0
シカゴコーン ・・・ 348.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 984.25 +0
シカゴコーヒー ・・・ 124.3 +0
CRB商品指数 ポイント 184.2388 +0
https://www.youtube.com/watch?v=NgOfuv_YMo0


〔ロンドン金属〕銅、続落=利食い売り(18日)☆1





 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで73.75ドル安の6971.25ドル、3カ月物は52.50ドル安の7011.50ドル。カーブ取引終値は37.00ドル安の6990.00ドル。  非鉄相場はおおむね軟調。中国の需要回復に期待が広がりつつあるが、この日も利食い売りやドル高を受けた売りが目立った。  銅は続落し、直物は3営業日ぶりに7000ドルを割り込んだ。アルミは直物が続落、3カ月物は3日続落した。鉛も小幅続落。  スズは売り込まれ、直物が3日続落。3カ月物は4日続落して2万ドルを割り込み、7月中旬以来約3カ月ぶりの安値となった。一方、ニッケルと亜鉛は反発した。  CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は「銅の地合いは堅調で、上昇はもう少し続きそうだ。ただ、投資家の持ち高が積み上がっている。中期的には頭打ちになり、多少調整する局面が来る可能性がある」と指摘した。  ▽アルミ=直物は4.50ドル安の2106.25ドル、3カ月物は10.25ドル安の2125.50ドル。カーブ取引終値は20.00ドル安の2120.00ドルだった。 (CN82に続く) [時事通信社]
 

市況

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月19日(木)07時45分55秒
返信・引用
   

商品

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月17日(火)07時47分39秒
返信・引用
  NYMEX原油先物 ポイント 51.87 -0.01
NYMEX金先物 10月限 1299.9 -4.8
NYMEXプラチナ先物 1月限 942.1 -7.1
NYMEXガソリン 10月限 1.6169 +0.005
WTI ・・・ 51.81 +0
シカゴコーン ・・・ 350.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 991 +0
シカゴコーヒー ・・・ 123.75 +0
CRB商品指数 ポイント 184.829 +0

〔ロンドン金属〕銅、大幅続伸=3年1カ月ぶり7000ドル台(16日)☆1





 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで205.00ドル高の7062.00ドル、3カ月物は194.75ドル高の7081.00ドル。カーブ取引終値は252.00ドル高の7134.00ドル。  非鉄相場は一部を除いておおむね堅調だった。中国の9月の卸売物価指数(PPI)が6カ月ぶりの高い伸びを示したことが好感され、銅が5営業日連続で大幅上伸。2014年9月以来約3年1カ月ぶりに7000ドル台に乗せた。ニッケルは6営業日続伸し、鉛は反発した。一方、スズは直物が3営業日ぶりに反落し、3カ月物は小幅続落。アルミと亜鉛はまちまちだった。  シティー・インデックスのアナリスト、ケン・オデルガ氏は「今週後半(19日)には中国の鉱工業生産や国内総生産(GDP)が発表される。きょうの卸売物価指数が強かったので、GDPには期待したいところだ」と述べた。  ▽アルミ=直物は4.25ドル高の2143.75ドル、3カ月物は1.00ドル安の2159.25ドル。カーブ取引終値は2.00ドル高の2136.00ドルだった。 (CN82に続く) [時事通信社]

 

株式

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月16日(月)07時22分29秒
返信・引用 編集済
  NYMEX原油先物 ポイント 51.45 -0.03
NYMEX金先物 12月限 1304.6 +1.3
NYMEXプラチナ先物 1月限 947.9 -0.3
NYMEXガソリン 10月限 1.6222 -0.0011
WTI ・・・ 51.38 +0
シカゴコーン ・・・ 352.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 1000.25 +0
シカゴコーヒー ・・・ 126.45 +0
CRB商品指数 ポイント 183.2752 +0

〔ロンドン金属〕銅、カーブ取引は小幅安(13日)☆1
 ▽銅=銅の直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで44.50ドル高の6857.00ドル、3カ月物は34.75ドル高の6886.25ドルと、それぞれ4営業日続伸した。カーブ取引は5.00ドル安の6882.00ドル。  サクデン・フィナンシャルはこの日のリポートで「中国の貿易統計が支援材料になった。予想には届かなかったが、輸出は対前年で増加し、輸入も3月以来の加速幅になった。ただ、このところ相場が上昇していたため上値は限定的だった上、利益確定売りも出た」と指摘した。  ▽アルミ=直物は22.25ドル高の2139.50ドルと4日ぶりに反発し、3カ月物は17.75ドル高の2160.25ドルと3日ぶりに反発した。カーブ取引は12.50ドル安の2134.00ドル。  ▽ニッケル=直物は410.00ドル高の1万1602.50ドル、3カ月物は455.00ドル高の1万1665.00ドルと、いずれも5日続伸した。カーブ取引は280.00ドル高の1万1675.00ドル。ロイター通信は、ニッケル相場は中国が一段の生産抑制に入るかもしれないとの観測を背景に約1カ月ぶりの高値を付けたと伝えた。  ▽鉛、その他=鉛の直物は26.50ドル安の2541.50ドル、3カ月物は25.50ドル安の2550.50ドルと、それぞれ3日ぶりに反落した。カーブ取引は26.00ドル安の2530.00ドル。  亜鉛の直物は8.75ドル安の3324.00ドル、3カ月物は14.50ドル安の3245.25ドルと、いずれも反落した。カーブ取引は16.00ドル安の3235.00ドル。(CN82に続く) [時事通信社]










 

市況

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月16日(月)07時18分1秒
返信・引用 編集済
   

カレンダー

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月13日(金)12時15分53秒
返信・引用 編集済
   

商品

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月13日(金)07時52分47秒
返信・引用 編集済
  NYMEX原油先物 ポイント 50.6 +0.16
NYMEX金先物 12月限 1296.5 -0.3
NYMEXプラチナ先物 10月限 939.1 +0
NYMEXガソリン 10月限 1.5832 +0.0092
WTI ・・・ 50.56 +0
シカゴコーン ・・・ 349 +0
シカゴ大豆 ・・・ 992 +0
シカゴコーヒー ・・・ 126.35 +0
CRB商品指数 ポイント 183.4961 +0

〔ロンドン金属〕銅、3日続伸(12日)☆1





 ▽銅=銅の直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで128.50ドル高の6812.50ドル、3カ月物は114.00ドル高の6851.50ドルと、それぞれ3営業日続伸した。カーブ取引は86.00ドル高の6887.00ドル。ロイター通信は、銅相場が中国の需要をめぐる楽観論を背景に9月5日以来約1カ月ぶり高値を付けたと伝えた。  英IGグループのアナリスト、クリス・ボーチャン氏は「このところ(米国や中国の)経済指標が好調で、非鉄市況に好影響を及ぼしている。銅相場は9月に付けた底値からの回復が力強い。今後、一段の上値を追う展開も予想される」と話した。  サクデン・フィナンシャルはこの日の非鉄リポートで「銅相場は午後に入って6870ドルの抵抗線を上抜けると、ショートカバーやストップロスの買いを巻き込みながら6900ドル台まで上昇した。しかし、この買いは短命に終わり、終盤には上げ幅を削った」と指摘した。  ▽アルミ=直物は6.25ドル安の2117.25ドルと3日続落し、3カ月物は4.25ドル安の2142.50ドルと続落した。カーブ取引は16.50ドル高の2146.50ドル。  ▽ニッケル=直物は215.00ドル高の1万1192.50ドル、3カ月物は195.00ドル高の1万1210.00ドルと、いずれも4日続伸した。カーブ取引は260.00ドル高の1万1395.00ドル。(CN82に続く) [時事通信社]
 

株式

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月13日(金)07時43分42秒
返信・引用
   

藤井聡内閣官房参与

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月12日(木)07時52分40秒
返信・引用 編集済
  寺ちゃんhttps://www.youtube.com/watch?v=Gk9HupFyyxs
東京が北朝鮮の核や化学兵器で爆撃される可能性に言及。

北朝鮮に軍事機密がハッカーされていた。
 

商品

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月12日(木)07時38分22秒
返信・引用 編集済
  NYMEX原油先物 ポイント 51.3 -0.28
NYMEX金先物 12月限 1288.9 +5.4
NYMEXプラチナ先物 1月限 933.2 +3.1
NYMEXガソリン 10月限 1.6092 -0.0025
WTI ・・・ 50.88 +0
シカゴコーン ・・・ 346 +0
シカゴ大豆 ・・・ 965.25 +0
シカゴコーヒー ・・・ 126.65 -4.35
CRB商品指数 ポイント 183.1964 +0


〔ロンドン金属〕銅、続伸(11日)☆1





 ▽銅=銅の直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで43.50ドル高の6684.00ドル、3カ月物は43.50ドル高の6737.50ドルと、それぞれ続伸した。カーブ取引は41.00ドル高の6801.00ドル。ロイター通信によると、銅相場は9月8日以来約1カ月ぶりの高値を付けた。  オアンダのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は「銅は総じて極めて強気だ。世界経済見通しの改善が支援材料になっている」と話した。  サクデン・フィナンシャルはこの日の非鉄リポートで「また単調な取引だった。9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨発表を控えて商いが手控えられた」と指摘した。  ▽アルミ=直物は9.25ドル安の2123.50ドルと続落し、3カ月物は13.75ドル安の2146.75ドルと3営業日ぶりに下落した。カーブ取引は33.00ドル安の2130.00ドル。(CN82に続く) [時事通信社]

 

市況

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月12日(木)07時29分7秒
返信・引用 編集済
   

(無題)

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月11日(水)09時19分50秒
返信・引用
  http://8630.teacup.com/cgi-bin/Count.cgi?negate=T&dd=D&ft=2&md=7&srgb=ff00ff&prgb=FF00FF&df=8630/dax_4191  

商品

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月11日(水)08時03分58秒
返信・引用
  NYMEX原油先物 ポイント 50.92 -0.04
NYMEX金先物 10月限 1290.6 -2.6
NYMEXプラチナ先物 1月限 936.5 -1.2
NYMEXガソリン 10月限 1.5915 -0.0028
WTI ・・・ 50.88 +0
シカゴコーン ・・・ 349.25 +0
シカゴ大豆 ・・・ 966 +0
シカゴコーヒー ・・・ 131 +0
CRB商品指数 ポイント 180.956 +0


〔ロンドン金属〕銅、中国の需給逼迫観測受け上昇(10日)☆1





 ▽銅=銅の直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで34.00ドル高の6640.50ドル、3カ月物は36.50ドル高の6694.00ドルと、それぞれ反発した。カーブ取引は95.00ドル高の6760.00ドル。ロイター通信によると、銅相場は中国での需給逼迫(ひっぱく)観測を背景に4週間ぶりの高値を付けた。  サクデン・フィナンシャルはこの日の非鉄リポートで「新規材料を欠き、午前の取引は狭いレンジで推移した。銅は6700ドル付近の抵抗線でもみ合いの後、上抜けて6760ドルを付けた。ただ、この日の取引はテクニカルに基づくもので、この水準を維持できるかどうかは時間が経過しないと分からない」と指摘した。  ▽アルミ=直物は1.75ドル安の2132.75ドルと反落し、3カ月物は4.50ドル高の2160.50ドルと続伸した。カーブ取引は10.50ドル安の2163.00ドル。  ▽ニッケル=直物は140.00ドル高の1万0907.50ドル、3カ月物は150.00ドル高の1万0992.50ドルと、いずれも続伸した。カーブ取引は40.00ドル高の1万1055.00ドル。  ▽鉛、その他=鉛の直物は6.00ドル安の2508.50ドル、3カ月物は2.50ドル安の2519.00ドルと、それぞれ4営業日続落した。カーブ取引は45.00ドル高の2557.00ドル。  亜鉛の直物は21.25ドル安の3313.00ドル、3カ月物は28.50ドル安の3239.00ドルと、いずれも4日続落した。カーブ取引は46.00ドル高の3279.00ドル。(CN82に続く) [時事通信社]

 

市況

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月11日(水)08時00分24秒
返信・引用
  市況  

商品市況

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月10日(火)07時35分14秒
返信・引用 編集済
  NYMEX原油先物 ポイント 49.58 -0.02
NYMEX金先物 11月限 1283.2 +1.8
NYMEXプラチナ先物 1月限 918.2 +1.1
NYMEXガソリン 10月限 1.5594 -0.0045
WTI ・・・ 49.29 +0
シカゴコーン ・・・ 349.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 966.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 130.95 +0.95
CRB商品指数 ポイント 180.9549 +0


〔ロンドン金属〕銅、下落(9日)☆1





 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで32.00ドル安の6606.50ドルと4営業日ぶりに反落し、3カ月物は30.00ドル安の6657.50ドルと3日ぶりに反落した。カーブ取引は1.50ドル安の6665.00ドル。  サクデン・フィナンシャルはこの日のリポートで「非鉄はレンジ相場だった。ただ、ニッケルはこのところの1万ドル台近辺での値固めから上に抜け出ようとうかがう動きが見られた」と指摘した。  英CMCマーケッツのアナリスト、デービッド・マッデン氏は「今月末に銅相場が先月の高値かそれ以上に回復しても不思議ではない」と予想した。  ▽アルミ=直物は13.25ドル高の2134.50ドル、3カ月物は10.25ドル高の2156.00ドルと、それぞれ3日ぶりに反発した。カーブ取引は20.00ドル高の2173.50ドル。  ▽ニッケル=直物は280.00ドル高の1万0767.50ドル、3カ月物は265.00ドル高の1万0842.50ドルと、いずれも3日ぶりに反発した。カーブ取引は415.00ドル高の1万1015.00ドル。  ▽鉛、その他=鉛の直物は24.75ドル安の2514.50ドル、3カ月物は25.50ドル安の2521.50ドルと、それぞれ3日続落した。カーブ取引は21.00ドル安の2512.00ドル。  亜鉛の直物は1.50ドル安の3334.25ドル、3カ月物は6.50ドル安の3267.50ドルと、いずれも3日続落した。カーブ取引は2.00ドル安の3233.00ドル。(CN82に続く) [時事通信社]

本日の話題は神戸製鋼でしょう、酷いですね、下げ余地はたくさんあります。
 

米株価

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月 6日(金)07時44分54秒
返信・引用 編集済
  NYMEX原油先物 ポイント 50.79 -0.03
NYMEX金先物 11月限 1271.4 -2
NYMEXプラチナ先物 1月限 918 -0.4
NYMEXガソリン 10月限 1.6114 +0.0171
WTI ・・・ 50.74 +0
シカゴコーン ・・・ 349.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 968.25 +0
シカゴコーヒー ・・・ 127.45 +2.3
CRB商品指数 ポイント 181.2905 +0
鉄・非鉄金属 |  2017年10月06日 06:47 JST
商品先物>> 鉄・非鉄金属関連ニュース

〔ロンドン金属〕銅、上昇(5日)





 ▽銅=銅の直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで58.50ドル高の6510.50ドルと続伸し、3カ月物は51.25ドル高の6553.75ドルと反発した。カーブ取引は179.00ドル高の6700.00ドル。  サクデン・フィナンシャルはこの日の非鉄リポートで「序盤のLMEは商い閑散だった。米雇用統計の発表を6日に控え、少し警戒感も出ていた。しかし、米市場で銅相場が上昇すると、LMEでもショートカバーを巻き込みながら連れ高となった」と指摘した。  ▽アルミ=直物は16.00ドル安の2123.00ドル、3カ月物は8.00ドル安の2146.50ドルと、それぞれ3営業日ぶりに反落した。カーブ取引は2171.00~2172.00ドルの気配値で引けた。  ▽ニッケル=直物は85.00ドル安の1万0550.00ドル、3カ月物は120.00ドル安の1万0605.00ドルと、いずれも3日ぶりに反落した。カーブ取引は80.00ドル安の1万0535.00ドル。  ▽鉛、その他=鉛の直物は37.00ドル安の2547.50ドル、3カ月物は36.00ドル安の2556.50ドルと、それぞれ反落した。カーブ取引は32.00ドル高の2592.00ドル。  亜鉛の直物は20.25ドル安の3349.50ドルと6日ぶりに反落し、3カ月物は11.50ドル安の3295.00ドルと9日ぶりに反落した。カーブ取引は3286.00~3288.00ドルの気配値。  スズの直物は295.00ドル高の2万1242.50ドルと3日続伸し、3カ月物は185.00ドル高の2万0950.00ドルと続伸した。カーブ取引は175.00ドル高の2万0950.00ドル。(ロンドン時事) [時事通信社]
 

公約

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月 5日(木)12時16分19秒
返信・引用
   

レーティング

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月 5日(木)08時14分2秒
返信・引用
  2017年10月



日付 コード 市場 銘柄名 シンクタンク レーティング ターゲット
10/04 2201   東1 森永菓 マッコーリー Neutral継続 7100→6500円
10/04 2229   東1 カルビー マッコーリー UP継続 3100→3400円
10/04 2432   東1 DeNA みずほ 買い継続 3300→3200円
10/04 2579   東1 コカコーラBJI 野村 新規Buy 新規4600円
10/04 2811   東1 カゴメ SMBC日興 2継続 3050→3800円
10/04 3234   東 森ヒルズ 三菱UFJMS Overweight 継続 181000→179000円
10/04 3249   東 産業ファ 三菱UFJMS Neutral継続 594000→599000円
10/04 3282   東 コンフォリア みずほ 買い継続 275000→265000円
10/04 3665   マザ エニグモ SMBC日興 1継続 2650→2160円
10/04 6103   東1 オークマ みずほ 中立→買い 1000→7500円
10/04 6501   東1 日立 JPM Over継続 880→900円
10/04 6869   東1 シスメックス 野村 Buy継続 8500→8800円
10/04 6963   東1 ローム SMBC日興 1継続 11800→12000円
10/04 7701   東1 島津製 野村 Buy継続 2600→2700円
10/04 8227   東1 しまむら 大和 2継続 19000→15000円
10/04 8955   東 日本プラR 三菱UFJMS Neutral継続 516000→498000円
10/04 9065   東1 山九 みずほ 中立継続 920→4600円
10/04 9793   東1 ダイセキ 大和 3継続 2430→2900円
 

商品

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年10月 5日(木)08時10分36秒
返信・引用
  NYMEX原油先物 ポイント 49.98 -0.09
NYMEX金先物 12月限 1276.8 +0.6
NYMEXプラチナ先物 1月限 914.8 +2.4
NYMEXガソリン 10月限 1.5805 +0.0001
WTI ・・・ 49.95 +0
シカゴコーン ・・・ 348.25 +0
シカゴ大豆 ・・・ 958.25 +0
シカゴコーヒー ・・・ 125.15 +0
CRB商品指数 ポイント 180.8984 +0

鉄・非鉄金属 |  2017年10月05日 07:07 JST
商品先物>> 鉄・非鉄金属関連ニュース

〔ロンドン金属〕銅、カーブ取引は小幅上昇(4日)☆1





 ▽銅=銅の直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで5.50ドル高の6452.00ドルと3営業日ぶりに反発し、3カ月物は1.25ドル安の6502.50ドルと反落した。カーブ取引は1.00ドル高の6521.00ドル。  英ファースト・マーケッツのウィリアム・アダムズ氏は「中国市場が休場で商いは薄いが、非鉄相場は強地合いだ。鉛と亜鉛が上昇を主導している」と指摘。サクデン・フィナンシャルはこの日の非鉄リポートで「鉛と亜鉛の前日の力強い引け値が序盤の上昇を招いた。モメンタムファンド筋からの買いが引き続き入っている」と分析した。  ▽アルミ=直物は24.75ドル高の2139.00ドル、3カ月物は28.25ドル高の2154.50ドルと、それぞれ続伸した。カーブ取引は37.00ドル高の2167.00ドル。(CN82に続く) [時事通信社]
 

商品

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年 9月29日(金)07時01分14秒
返信・引用
  NYMEX原油先物 ポイント 52.14 -0.58
NYMEX金先物 10月限 1284.1 +2.5
NYMEXプラチナ先物 10月限 921.5 -0.5
NYMEXガソリン 9月限 1.654 -0.0222
WTI ・・・ 52.09 +0
シカゴコーン ・・・ 352.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 959.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 128.5 -0.85
CRB商品指数 ポイント 183.8605 +0

鉄・非鉄金属 |  2017年09月29日 06:56 JST
商品先物>> 鉄・非鉄金属関連ニュース

〔ロンドン金属〕銅、まちまち(28日)☆1





 ▽銅=銅の直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで21.75ドル安の6404.00ドルと4営業日ぶりに反落した。3カ月物は21.00ドル安の6451.50ドルと続落。カーブ取引は84.00ドル高の6522.00ドル。  英IGグループのアナリスト、クリス・ボーチャン氏は「中国の経済指標が上向くとの観測を背景に、銅が買われている。ただ、ドル相場は引き続き(銅にとっては)重しのようだ」と話した。  サクデン・フィナンシャルはこの日の非鉄リポートで「トレーダーはリスクを取りにいっているというより、懸命にリスクを減らそうとしているようだ」と指摘した。  ▽アルミ=直物は14.50ドル安の2102.25ドル、3カ月物は12.00ドル安の2127.75ドルと、それぞれ反落した。カーブ取引は1.00ドル安の2131.00ドル。  ▽ニッケル=直物は355.00ドル安の1万0172.50ドル、3カ月物は335.00ドル安の1万0262.50ドルと、いずれも3日ぶりに反落した。カーブ取引は200.00ドル高の1万0440.00ドル。  ▽鉛、その他=鉛の直物は9.00ドル高の2466.50ドル、3カ月物は10.25ドル高の2471.00ドルと、それぞれ3日ぶりに反発した。カーブ取引は8.00ドル高の2470.00ドル。  亜鉛の直物は6.00ドル高の3155.50ドルと3日ぶりに反発し、3カ月物は2.50ドル高の3127.00ドルと4日続伸した。カーブ取引は42.00ドル高の3147.00ドル。(CN82に続く) [時事通信社]
 

米株09291

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年 9月29日(金)06時58分28秒
返信・引用 編集済
   

市況

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年 9月26日(火)07時40分57秒
返信・引用 編集済
  NYMEX原油先物 ポイント 52.22 -0.13
NYMEX金先物 10月限 1307.1 +0.1
NYMEXプラチナ先物 10月限 940.2 +0.2
NYMEXガソリン 9月限 1.722 +0.017
WTI ・・・ 50.28 +0
シカゴコーン ・・・ 353.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 971.25 +0
シカゴコーヒー ・・・ 131.85 -2.6
CRB商品指数 ポイント 183.5685 +0


〔ロンドン金属〕非鉄、まちまち(25日)





 ▽銅=銅の直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで10.50ドル高の6415.00ドル、
3カ月物は12.00ドル高の6459.50ドルと、それぞれ3営業日ぶりに反発した。

カーブ取引は7.00ドル安の6450.00ドル。

サクデン・フィナンシャルはこの日の非鉄リポートで「静かな週明けで、薄商いの中をやや売り優勢の展開になったが、引けはまちまちだった」と指摘した。  ▽アルミ=直物は8.75ドル安の2127.75ドル、3カ月物は12.00ドル安の2147.50ドルと、いずれも3日続落した。カーブ取引は10.00ドル安の2148.00ドル。  ▽ニッケル=直物は185.00ドル安の1万0392.50ドル、3カ月物は157.50ドル安の1万0477.50ドルと、それぞれ3日続落した。カーブ取引は160.00ドル高の1万0580.00ドル。  ▽鉛、その他=鉛の直物は35.50ドル高の2512.75ドル、3カ月物は29.00ドル高の2508.00ドルと、いずれも7日続伸した。カーブ取引は8.00ドル安の2475.00ドル。  亜鉛の直物は54.50ドル高の3167.50ドルと続伸し、3カ月物は28.00ドル高の3104.00ドルと3日ぶりに反発した。カーブ取引は65.00ドル高の3096.00ドル。  スズの直物は30.00ドル安の2万0812.50ドル、3カ月物は12.50ドル安の2万0587.50ドルとそれぞれ反落した。カーブ取引は175.00ドル高の2万0700.00ドル。(ロンドン時事) [時事通信社]
 

米株株式

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年 9月26日(火)07時18分49秒
返信・引用
   

商品

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年 9月19日(火)08時00分54秒
返信・引用 編集済
  NYMEX原油先物 ポイント 49.91 +0.02
NYMEX金先物 10月限 1306.9 +0.6
NYMEXプラチナ先物 10月限 961.1 +2.5
NYMEXガソリン 9月限 1.6686 +0.0058
WTI ・・・ 49.83 +0
シカゴコーン ・・・ 351.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 967.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 138.95 +0
CRB商品指数 ポイント 184.0516 +0


〔ロンドン金属〕非鉄、堅調=銅は続伸(18日)☆1





 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで31.00ドル高の6486.50ドル、3カ月物は35.75ドル高の6534.25ドル。カーブ取引終値は22.00ドル高の6530.00ドル。  非鉄相場は堅調。今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて模様眺めのムードが漂う中、前週末まで利食い売りが続いた反動で安値拾いの買いが優勢になった。  アルミが小反落したものの、銅と鉛、亜鉛は続伸。ニッケルは直物が7営業日ぶりに反発し、3カ月物は4営業日ぶりに反発。スズは直物が5営業日ぶりに反発し、3カ月物は3営業日ぶりに反発した。  ソシエテ・ジェネラルのアナリスト、ロビン・バー氏は「非鉄相場は急激な調整に押されている。銅が7000ドル近くまで上昇した数週間前は全体的に買われ過ぎの状態だったが、今は利食い売りの波が来ている」との見方を示した。  ▽アルミ=直物は1.50ドル安の2066.25ドル、3カ月物は3.50ドル安の2095.50ドル。カーブ取引は2089.00~2090.00ドルの気配値で引けた。(CN82に続く) [時事通信社]
 

株価

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年 9月19日(火)07時57分29秒
返信・引用
   

商品

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年 9月15日(金)07時26分43秒
返信・引用 編集済
  NYMEX原油先物 ポイント 49.89 -0.13
NYMEX金先物 10月限 1325.4 +6.1
NYMEXプラチナ先物 10月限 980.9 +6.8
NYMEXガソリン 9月限 1.6287 -0.0016
WTI ・・・ 49.25 +0
シカゴコーン ・・・ 341.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 967.25 +0
シカゴコーヒー ・・・ 137.25 +0.65
CRB商品指数 ポイント 182.8828 +0

〔ロンドン金属〕銅、続落=中国の低調な経済指標で(14日午前)





 欧州時間14日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は下落し、4週間ぶり安値を付けた。中国から相次いで発表された、予想を下回る経済指標が、世界最大の銅消費国・中国の需要減速を指し示した。  LMEの銅3カ月物は、1117GMT(日本時間午後8時17分)時点で、1.5%安の1トン=6458.00ドル。一時は8月18日以来の安値を付けていた。9月に付けた高値から7%下落している。  ETFセキュリティーズのコモディティアナリスト、ニテシュ・シャー氏は「中国の経済指標の低調さはちょっとした問題であり、きょうの銅相場下落の原因だろう」と話した。  中国指標は、都市部固定資産投資、鉱工業生産、そして小売売上高が予想よりも低い伸びとなった。一方、不動産投資と建設着工の増加は、中国の全体的な成長を比較的堅調な水準に維持する見込みだ。(ロイターES時事) [時事通信社]

 

米株価0915

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年 9月15日(金)07時18分21秒
返信・引用 編集済
   

電池関連花盛り

 投稿者:小判ザクザク  投稿日:2017年 9月14日(木)10時21分1秒
返信・引用 編集済
  17年09月13日17時08分
*東洋精糖<2107> 140 +25
中国がエタノール混合ガソリン利用促進との報道受け、

*GTS<4584> 1155 +41
新規抗体医薬品の特許出願発表で

*石川製<6208> 2069 +71
北朝鮮が次の核実験に向けた作業に移った可能性との一部報道受け防衛関連に関心。

*日和産業<2055> 295 +23
中国がエタノール促進との報道受け、バイオエタノール関連として物色向かう。

*細火工<4274> 1674 +171
北朝鮮が新たな核実験準備と一部で報道。

*日清紡HD<3105> 1475 カ
白金使わない燃料電池用の触媒を実用化と報じられる。

*日本無線<6751> 1783 カ
日清紡の株価上昇につれ高する
*モリテック<5986> 520 +80
燃料電池関連の低位株として人気継続、需給妙味も強まる。

*チタン工業<4098> 436 +62
リチウムイオン電池関連として人気が継続。

*カーリットHD<4275> 757 +100
リチウムイオン電池関連の出遅れとして物色。

*フタバ産業<7241> 1256 +128
東海東京証券では目標株価を引き上げ。

*東光高岳<6617> 2016 +164
電気自動車普及による急速充電器の需要拡大期待

*エフオン<9514> 1328 +107
特に材料見当たらないが高値もみ合い上放れで。

*東洋電機製造<6505> 2369 +183
中国・成都市に都市交通向けパンタグラフの組立・試験を行う合弁会社を設立。

*三菱化工機<6331> 253 +19
日清紡の上昇が刺激となって燃料電池関連として買われる。

*FUJIMI<5384> 2652 +198
国内中堅証券で目標株価引き上げのもよう

*ネクステージ<3186> 2051 +135
2000円の節目突破で上値妙味も広がる。

*タツタ電線<5809> 821 +53
EMP対策関連として関心が続く格好か

*シンフォニア<6507> 459 +27
リチウムイオン電池、宇宙ビジネスなど切り口が豊富で。

*西華産業<8061> 595 +35
リチウムイオン電池関連の一角として資金向かう。

*ライクキッズネクスト<6065> 2200 +127
引き続き第1四半期の好決算を評価の動き。

*ラサ工業<4022> 215 +11
値動きの軽い低位株として短期資金関心、取り組み妙味も強まる。



*ツガミ<6101> 958 +46
中国子会社が香港証取に上場へ。



*ディップ<2379> 2482 +115
ジェフリーズ証券では新規に買い推奨。



*アルコニックス<3036> 1899 +84
非鉄市況の上昇によるメリット期待が続く。



*戸田工業<4100> 541 +23
リチウムイオン電池関連の材料株では代表格となっており。



*ザッパラス<3770> 420 -73
今期の営業赤字見通しに失望売り。



*ゲンキー<2772> 4685 -315
公募増資実施による希薄化を嫌気。



*神戸物産<3038> 5460 -350
順調な第3四半期決算発表もサプライズは乏しく。



*九州電力<9508> 1240 -61
今期業績見通しは市場コンセンサスを下回る数値に。



*コカBJI<2579> 3835 -110
目先のショートカバーにも一巡感か。



*ヤマシンフィルタ<6240> 4205 -120
短期的な過熱感から利食い売りも向かうか。



*ハピネット<7552> 1687 -48
安値圏にある中で信用需給が重しに。



*日本冶金工業<5480> 225 -6
前日の急反発を受けて戻り売り。



*新日本理化<4406> 278 -7
短期資金はテーマ性ある銘柄に集中で。



*サクサ<6675> 208 -5
自律反発狙いの動きにも一巡感。



*博報堂DY<2433> 1472 -31
戻りの鈍さを嫌気して見切り売りが優勢。



*東邦亜鉛<5707> 522 -11
高値圏では戻り売りも優勢となる。



*三菱UFJ<8306> 683.9 +11.4
米国株高や円安などリスクオンの流れで買い優勢。



*GSユアサ<6674> 580 +7
リチウム電池関連として徐々に関心高まる。



*三井金属鉱業<5706> 596 +9
リチウムイオン電池向け銅箔の需給ひっ迫期待などで。



*日本電産<6594> 13735 +540
EPSパワーパックへの期待感なども高まる。



*日立<6501> 776 +20.7
UBS証券では買い推奨に格上げ。



*日本郵政<6178> 1398 +25
引き続き自社株買いの実施を好感する。



*大興電通<8023> 567 +76
サイバーセキュリティ関連として関心が向かう。



*加地テック<6391> 316 +32
燃料電池車関連として短期資金の矛先が向かう。



*松尾電機<6969> 110 +11
電気自動車関連の出遅れと位置づけられ前日から人気化。



*神島化学工業<4026> 1729 -181
第1四半期の減益決算をマイナス材料視。



*ソフトフロン<2321> 235 +48
光通信<9435>との合弁会社設立で営業力強化へ。



*サンバイオ<4592> 1396 -11
上期決算は赤字幅拡大だが下げ幅は限定的。



*MICS化学<7899> 433 +80
第1四半期決算は大幅増益で着地。



*シリコンスタ<3907> 4430 -55
米ミストウォーカー社と共同開発中の



*ラクス<3923> 1974 +47
8月売上高は前年同月比26.6%増と好調を維持。



*はてな<3930> 2328 -437
通期期営業利益見通しが36.8%減。



*トランザス<6696> 2818 +200
エスユーエス<6554>上場で直近IPO銘柄へ関心向かう。



*菊水電子工業<6912> 1265 +214
リチウムイオン電池関連として物色向かう。



*小田原エンジニアリング<6149> 3830 +370
リチウムイオン電池関連として物色向かう。



*バルニバービ<3418> 2705 +123
17年7月期は増収増益で着地。
 

レンタル掲示板
/32