teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(13)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


戦略

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月26日(金)08時24分2秒
返信・引用
  原油安でも米国株は上昇、売り材料少なくしっかりか

 東京市場は堅調か。OPEC総会では協調減産の9カ月延長が決定された。ただ、市場では減産量の拡大などへの期待もあったことから、原油価格は大幅下落となった。欧州株はさえない原油の動きを受けて独仏などが軟調となったが、米国株は好決算銘柄の上昇がエネルギー株の下落を吸収する格好で主要3指数がそろって上昇。S&P500とナスダック総合は史上最高値を更新した。ドル円は小動きで足元では111円70銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて10円高の19810円、ドル建ては15円高の19815円で取引を終えた。原油安を受けても米国株が崩れずしっかりとなったことから、良好な地合いが維持されると考える。週末でもあり、積極的に上値を追う動きにはなりづらいとみるものの、売り材料が少ない。日経平均2万円を前に失速した先週に対して、今週はここまで200円超の上昇としっかり切り返しており、先高期待から底堅い動きが続くと予想する。予想レンジは19750円-19880円。
 
 

市況

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月26日(金)08時21分31秒
返信・引用
  .DJI  ダウ平均   5:57am JST 21,082.95 +70.53 +0.34%

.SPX  S&P500種   5:57am JST 2,415.07 +10.68 +0.44%

.IXIC  NASDAQ総合   6:15am JST 6,205.26 +42.23 +0.69%

.TRXFLDUSP  TR指数 - 米国   7:07am JST 214.87 +0.83 +0.39%

・cme 19795円

米 ドル (USD) 111.769997
ユーロ (EUR) 125.269997
英 ポンド (GBP) 144.509995
スイス フラン (CHF) 114.849998
カナダ ドル (CAD) 82.849998
オーストラリア ドル (AUD) 83.290001
ニュージーランド ドル (NZD) 78.419998
タイ バーツ (THB) 3.270000
シンガポール ドル (SGD) 80.601402
フィリピン ペソ (PHP) 2.243000
香港 ドル (HKD) 14.342000
台湾 ドル (TWD) 3.715800
中国 元 (CNY) 16.268101
南アフリカ ランド (ZAR) 8.632100

NYMEX原油先物 ポイント 48.9 -0.04
NYMEX金先物 6月限 1256.4 -0.8
NYMEXプラチナ先物 7月限 952.9 -3.4
NYMEXガソリン 5月限 1.6093 +0.0076
WTI ・・・ 48.52 +0
LME銅先物 3ヶ月 5682.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1945.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9100.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 369.25 +0
シカゴ大豆 3ヶ月 939.5 +0
シカゴコーヒー 3ヶ月 129.3 +0
CRB商品指数 ポイント 183.9182 +0
 

(無題)

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月25日(木)09時44分44秒
返信・引用
  0525
 

市況

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月25日(木)07時35分28秒
返信・引用
  .DJI  ダウ平均   5:49am JST 21,012.42 +74.51 +0.36%

.SPX  S&P500種   5:49am JST 2,404.39 +5.97 +0.25%

.IXIC  NASDAQ総合   6:15am JST 6,163.02 +24.31 +0.40%

.TRXFLDUSP  TR指数 - 米国   7:05am JST 214.04 +0.53 +0.25%

ドル建て6月限        19735          -5       19790      19800    19695
 円建て6月限        19725         -15       19780      19790    19690

    (暫定値)

米 ドル (USD) 111.550003
ユーロ (EUR) 125.080002
英 ポンド (GBP) 144.669998
スイス フラン (CHF) 114.550003
カナダ ドル (CAD) 83.199997
オーストラリア ドル (AUD) 83.660004
ニュージーランド ドル (NZD) 78.580002
タイ バーツ (THB) 3.246500
シンガポール ドル (SGD) 80.541496
フィリピン ペソ (PHP) 2.232100
香港 ドル (HKD) 14.321500
台湾 ドル (TWD) 3.695300
中国 元 (CNY) 16.186600
南アフリカ ランド (ZAR) 8.627700

NYMEX原油先物 ポイント 51.36 -0.03
NYMEX金先物 6月限 1253.1 +4.7
NYMEXプラチナ先物 7月限 947.3 +3.9
NYMEXガソリン 5月限 1.6526 +0.0003
WTI ・・・ 51.07 +0
LME銅先物 3ヶ月 5703.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1938.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9395.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 371.25 +0
シカゴ大豆 3ヶ月 948.25 +0
シカゴコーヒー 3ヶ月 128.55 -1.7
CRB商品指数 ポイント 185.0557 +0
 

消費税増税以降株価が上がった理由

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月25日(木)01時54分36秒
返信・引用 編集済
  消費税増税以降株価が上がった理由
株価が上がった理由は2014年10月31日からGPIFの基本ポートフォリオ(※1)の変更を行った為です。

その少し前(10月31日以前)からGPIFはフライング気味に株を買っていました(投資主体別売買動向より)、
その株の買い方がPLO(プライス・リフト・オペレーション)で、株の上値をどんどん買って株価を上昇させました。

どこまで資金が買ってくるのか投資主体別売買動向で、この時期は信託銀行の買い越し金額を毎月計算していました。

そしてGPIFの株を買う金額が底を突く頃から、株価が乱高下を始め、ドル円124円の為替が円高に向かい今を迎えています。

そして現在はGPIFが株を買い上がることは殆んどありません、
日本株が下落して株式の保有割合が減少しなければ買い上がりません。

2匹目のドジョウと期待しても,GPIFの保有割合変更を抜きに考えることは、危険です。

安全資産とされる国内債券の比率を60%から35%に引き下げる一方、国内外の株式の比率を24%から50%に引き上げ、リスク性資産の割合を大幅に拡大した、それが増税以降に株が上がった実態なのです。


国内株式運用金額を20兆円から35兆円に拡大して、証券会社に丸投げしたのです、
証券会社は消費税増税に賛成しなければ、その資金にありつけないため、消費税増税賛成と賛成の理由をもっともらしくテレビで発表、新聞、テレビ,NHK、経団連などすべてが国民を騙しにかかったのです。


世界中で緊縮財政によって財政再建を出来た国はどこにもありません、それが出来たらノーベル賞。

人口が減ったらGDPは下がりますが、インフレになるのが普通ですが、日本だけデフレになっています。

消費税増税延期の株価への影響

この記事は少し古いため、この記事の通りにはなっていません。
消費税増税を延期しても景気はデフレに向かっていて,名目GDPはマイナス0.01と横這い、実質GDPは5期連続上昇しました。

2014年12月の衆議院選挙は、大きな争点の一つが、安倍総理が決断した消費税増税の延期です。4月に消費税を8%に増税した後、GDP成長率が大幅なマイナスを続けている事を問題視して、安倍総理は増税延期を判断したのです。


実際に国民の多くが景気が良くないと感じている以上、消費税増税の延期は国民にとって大歓迎のことです。そして、野党の体たらくからして、自民党が選挙で大きく議席を減らすとは考えにくく、衆議院選挙後の第三次安倍内閣では消費税増税の延期が行われる可能性が高いです。

では、この消費税増税の延期は、日本の株価にどのような影響を与えるのでしょうか?

当サイトでは、日本の株価には長期的には確実にプラス影響だと断言します。アベノミクス=日銀の金融緩和(円安バブル)が11月に更に強化された事に加え、消費税増税の延期が加われば、景気には確実にプラス影響が出るからです。

加えて、円安の最大のデメリットであったエネルギー価格の上昇は、昨今の原油先物価格の暴落で、悪影響が相殺されています。11月末にはOPECが原油の減産を行わないと宣言したので、当面は原油価格が急騰する確率は低く、ガソリンや冬場の暖房費が景気を押し下げる可能性は薄くなりました。

※OPECはアメリカのシェールガス革命を潰す為に、原油価格の下落を容認したと言われています。つまりシェール開発ブームが終わらない限り、エネルギー価格が高騰する可能性は低いが、アメリカは世界最大のエネルギー消費国なので、シェール開発がストップすることはありえない。

一部のメディアでは、消費税増税の延期は財政再建が遠のくという、一見すると最もらしい理論で安倍総理の決断を批判をしています。しかし、マスコミは財務省に媚びを売る為に消費税増税を賛美しているだけであり、財政再建が遠のくという理論には根拠がありません。むしろ、消費税増税を行えば100%確実に内需が減少して、所得税や法人税の税収が激減するので、かえって財政規律が崩壊するのです。




短期的には株価が下落しても、長期ではプラスの影響

以上の理由から、消費税増税の延期は株価にプラスの影響だと断言できるのです。但し、株価は短期的には市場参加者の予想・思惑によって変動します。安倍政権が消費税増税を延期するという噂が立ち始めた10月辺りから、日経平均株価は暴騰しています。つまり、市場参加者は消費税増税の延期による景気回復を既に織り込んでおり、先回りで株の購入が増えている「バブル」ともいえる状態なのです。

ゆえに、12/14の衆議院選挙で予想通り自民党が勝利しても、またその先に安倍総理が消費税増税の延期を正式発表しても、そうなる事はすでにマーケットは織り込み済みなので、その直後に株価が上がるとは限りません。むしろ、材料出尽くしで一時的に日経平均株価は下落する可能性もあります。

但し、このような変動はあくまでも数日単位の短期的な変動に過ぎません。2020年の東京オリンピックに向かって、既に不動産市場などではバブルが止まらなくなりつつあります。消費税増税の延期は、決して財政再建が遠のくものではない(むしろ財政が健全化する)ので、長期的には日本の景気に、そして株価に、間違いなくプラスに影響する材料なのです。




こんばんは、   投稿者:夢飾り   投稿日:2017年 5月25日(木)21時40分48秒   返信・引用 編集済


   >日銀はデフレ脱却の為に国債を大量購入(金利低下)してお金を市中に溢れかえさせてる。
> 行き場を失った一部のお金はリスク資産に向かうよう誘導してる?

お金は市中に溢れてはいません、
日銀は銀行から国債を買いますので、銀行にありますが、企業は景気が悪いし、この先も良くなると思わないので銀行から借りません。

銀行も潰れそうな会社にはお金を貸しませんし、優良な会社にお金を貸そうとしますが、企業はお金を借りません。
銀行は経営に困り日本国債を買ったり、アメリカ国債を買ったりしています。

銀行の経営が苦しく儲けが少ないので、銀行株が上がりません、当座預金のマイナス金利を止めて欲しいと私は思っています。

それ以上に政府が教育、福祉、介護、医療、公共工事、先進科学などに公債で長期の予算を付け、企業が設備投資をするようにしなければ、銀行から市中にお金は流れず、お金は内外の国債購入に向かい、日本政府又はアメリカに向かってしまい、日本の企業や国民までお金が回りませんし、リスク資産にも回りません。

つまり、日本のお金でアメリカ国債を買うので、日本のお金でアメリカの公共工事やアメリカの先進技術などの開発が行われる結果になっているのです、変ではありませんか?。。


>財政出動はまったく否定はしませんが
>何でもかんでも赤字国債でまかなえるのなら、
>極端な話、税金などは払う必要な無い感じです。
>インフラ整備、公共サービス、公務員の給料などはすべて国債を発行して支払いを済ませば良いのですから

所得税や法人税は必要です、しかし今はデフレなので、企業の設備投資の呼び水としてインフラ整備や、公共サービスには3%インフレになるまで建設国債でまかなっても良いのです。

3%インフレになるまでには、打ち出の小槌があると思っても良いと思います、しかし無駄使いはだめですし、税金無税も今後の国造りのためには問題があると思っています。

20年のデフレですから、これを行っても3%インフレになるのは10年以上係るのではないかと思いますがやって見なければわかりません。

早くデフレを脱することが必要です。

政府の資産合計と日銀の金融緩和で市場から購入した国債をあわせると
1100兆円、政府の借金は1143兆円でバランスが取れているとの見方を支持しますが、

高橋洋一氏は、政府の資産合計+徴税権年間50兆円×15倍(株式のperと同じ考え)でもバランスしているといっています。
政府のバランスシートを最初に作ったのは小泉政権時の内閣参与だった高橋氏で、数学者、経済学者ですので、理解するのは難しい。

>本年度予算の内34兆円余りが赤字国債。金利が低い今は良いですが
>この先も
>同程度の赤字国債を発行し続け、金利上昇し始めたら何年か後の利払い費が

日本政府は日銀に利息を払います、
日銀は政府の子会社です、政府は日銀株の50%以上を持っています、つまり政府も日銀も財布は同じです。

右のポケットから左のポケットに利息が動くだけなので、利払いを考える必要は無く、日銀への返済を考える必要もありません。

インフレになったときに、日銀の国債(金融緩和で保有している国債)を銀行に売って(売りオペ)市中のお金を吸い上げインフレを退治すれば良いのです。

現在はデフレ脱出といいながら、日本政府が消費税という名目で、市中からお金を巻き上げ、インフレ退治を行いさらにデフレにしているので、デフレ脱却が出来ずデフレが悪化するのは当然の事です。

前本田内閣参与が、消費税を5%もしくは3%に戻すべきだといっていました、
しかしながらそれは政治的に無理なのです、と語っていました。

そのとき私は政治的に無理とはどういうことだと、この掲示板に書いた記憶があります。


そこで永久債、無利子国債の発行のような話が出たり消えたりしています。

野党は橋や道路は売れないからおかしいといっているが、トヨタ自動車だって、工場は売れないし、工作機械だって売れないが、決算時には資産として計上していると経済学者や評論家は言っていてそれは当たり前の考えだといっています、それと同じ考えとの事です。





 

(無題)

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月25日(木)01時00分15秒
返信・引用 編集済
  取得平均株価は298円
取得平均株価は298円
取得平均株価は298円
取得平均株価は298円
 

貿易収支

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月24日(水)13時15分23秒
返信・引用 編集済
  0524

http://

 

戦略

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月24日(水)07時23分14秒
返信・引用
  中小型株優位の地合いが続くか、円高はそろそろ一服の可能性

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり978/値下がり904と日経平均は下げたものの買いが優勢。加熱式たばこの専門店を都内に出店すると報じられたJTや、複数の証券会社が目標株価を引き上げたクラレなどが強い動きを見せた。子会社がLCCのピーチと提携すると発表したリミックスポイントはストップ高。Jストリームも特許に関するリリースでストップ高まで買われた。一方、証券会社のリポートを材料にDeNAが大幅下落。英国の爆発事故を受け、JALやANAが弱い動きとなった。タカタは大幅高から一転急落と荒い動き。前期が従来計画を下振れたGオイスターや富士通が公開買い付けを見送ったソレキアなどが大きく売られた。

 後場に一段と円高が進む場面があったことから、日経平均も軟調な推移が続いた。頼りない動きではあるが、外部要因、特に為替次第の様相が強まっており、円安にさえなれば、ムード一変も期待できる。その為替に関しては、5月開催のFOMC議事要旨公表(25日早朝予定)が注目材料で、6月利上げの確度が高まるようなら、円高から一転して円安に傾く展開も期待できる。利上げ期待が高まらない場合でも、このところの米国の経済指標はおおむね良好で、可能性が完全に消えるという見方にはなりづらく、円高はそろそろ一服する可能性がある。

 ただ、あすは引き続き上値の重い展開になると考える。米国株は急落後に三連騰しており、上昇一服感も強まりやすいタイミング。今の日本株は米国株が上昇してもそれを好感できないだけに、米国株の動きが鈍るようならなおさら買いは手控えられる。今週は週後半にイベントが多いだけに、海外市場も様子見相場となりやすい。きょう同様に主力株には買いが入りづらく、内需を中心に中小型株を物色する地合いが続くと予想する。
 

市況

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月24日(水)07時18分2秒
返信・引用
  .DJI  ダウ平均   5:38am JST 20,937.91 +43.08 +0.21%

.SPX  S&P500種   5:38am JST 2,398.42 +4.40 +0.18%

.IXIC  NASDAQ総合   6:15am JST 6,138.71 +5.09 +0.08%

.TRXFLDUSP  TR指数 - 米国   7:05am JST 213.51 +0.40 +0.19%

ドル建て6月限     19780       +140      19705     19785    19590
 円建て6月限    19770       +130      19695     19775    19580

    (暫定値)
米 ドル (USD) 111.779999
ユーロ (EUR) 125.040001
英 ポンド (GBP) 144.899994
スイス フラン (CHF) 114.589996
カナダ ドル (CAD) 82.720001
オーストラリア ドル (AUD) 83.570000
ニュージーランド ドル (NZD) 78.410004
タイ バーツ (THB) 3.245600
シンガポール ドル (SGD) 80.440399
フィリピン ペソ (PHP) 2.242500
香港 ドル (HKD) 14.352700
台湾 ドル (TWD) 3.705500
中国 元 (CNY) 16.218800
南アフリカ ランド (ZAR) 8.539300

NYMEX原油先物 ポイント 51.47 +0.02
NYMEX金先物 6月限 1255.5 -4.1
NYMEXプラチナ先物 7月限 949.4 -2.6
NYMEXガソリン 5月限 1.6614 +0.0068
WTI ・・・ 50.76 +0
LME銅先物 3ヶ月 5682.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1943.5 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9360.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 369.5 +0
シカゴ大豆 3ヶ月 948.25 +0
シカゴコーヒー 3ヶ月 130.25 -0.35
CRB商品指数 ポイント 186.0732 +0
 

市況

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月23日(火)07時09分49秒
返信・引用
  米 ドル (USD) 111.279999
ユーロ (EUR) 125.070000
英 ポンド (GBP) 144.610001
スイス フラン (CHF) 114.330002
カナダ ドル (CAD) 82.430000
オーストラリア ドル (AUD) 83.180000
ニュージーランド ドル (NZD) 77.800003
タイ バーツ (THB) 3.242400
シンガポール ドル (SGD) 80.271202
フィリピン ペソ (PHP) 2.235900
香港 ドル (HKD) 14.294500
台湾 ドル (TWD) 3.712100
中国 元 (CNY) 16.151199
南アフリカ ランド (ZAR) 8.407400

.DJI  ダウ平均   5:46am JST 20,894.83 +89.99 +0.43%

.SPX  S&P500種   5:46am JST 2,394.02 +12.29 +0.52%

.IXIC  NASDAQ総合   6:15am JST 6,133.62 +49.92 +0.82%

.TRXFLDUSP  TR指数 - 米国   6:00am JST 213.11 +1.16 +0.55%

ドル建て6月限                  19695            +25           19695         19730       19620
 円建て6月限                    19685            +15           19675         19720       19615

    (暫定値)

NYMEX原油先物 ポイント 50.73 +0
NYMEX金先物 10月限 1268.2 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 956 +0
NYMEXガソリン 9月限 1.5222 +0
WTI ・・・ 50.27 +0
LME銅先物 3ヶ月 5580.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1923.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9175.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 375 +0
シカゴ大豆 3ヶ月 956.5 +0
シカゴコーヒー 3ヶ月 130.45 -1.65
CRB商品指数 ポイント 185.0767 +0
 

戦略

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月23日(火)07時05分13秒
返信・引用
  5/22 16:35

買い一巡後は伸び悩む、主力から新興市場へのシフトが鮮明に

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1354/値下がり531と買いが優勢。投資ファンドへの期待が高まったソフトバンクが買いを集めた。大幅増配を発表したSMCや決算が好感されたOKKが大幅上昇。株式分割を発表したミズホメディーが後場から急騰した。米建機大手の好決算を手がかりにクボタや井関農機などにも買いが入った。タカタは連日のストップ高。一方、今期見通しが失望を誘った夢みつけ隊やコスモス電が急落。着地が従来計画を下振れたソフトフロントが大きく売られる展開となった。

 5月17日に372ドルと大幅安となったダウ平均は、その後の2営業日で約200ドル戻しており、押し目でしっかり買いが入った。日経平均もこの動きを好感してきょうは上昇とはなったものの、上値も重く、東証1部の売買代金は約1カ月ぶりに2兆円を下回った。先週、2万円まであと2円に迫って失速したばかりのため、19700~19800円あたりでは、どうしても高値警戒感が意識される。ここ数日は、寄り付きと引けの価格差が少ない実体の短いローソク足が続いており、目先は外部要因に一喜一憂となりやすい。その一方で、日経ジャスダック平均は3100p台に乗せ、年初来高値を更新している。マザーズ指数も日足では強い陽線で、主力から新興市場への資金シフトが鮮明。当面は新興市場優位の地合いが続くと予想する。
 

cme

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月23日(火)07時00分53秒
返信・引用 編集済
  0523

http://

 

将棋

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月19日(金)16時03分25秒
返信・引用
  0519  

アメリカ次第

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月19日(金)07時24分31秒
返信・引用 編集済
  トランプ問題で株価を押し下げる事が、証券会社連合の談合でどこまで出来るかが注目。
一旦は反転の場面といえるが、この問題は根深いので、証券会社連合のまとまった資金で再度仕掛けてくることは十分考えられえる。

ABNアムロに同調して資金を集めれば、アメリカ株も日本株の押し下げも容易の事だ。

為替でヘッジしながら株を売ってくる事は十分考えられ、アメリカ株への仕掛けからそれが行われる。

週末の今日は後場に再度の仕掛けがあるかどうかが注目となる。
 

市況

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月19日(金)07時15分38秒
返信・引用
  .DJI  ダウ平均   5:36am JST 20,663.02 +56.09 +0.27%

.SPX  S&P500種   5:36am JST 2,365.72 +8.69 +0.37%

.IXIC  NASDAQ総合   6:15am JST 6,055.13 +43.89 +0.73%

.TRXFLDUSP  TR指数 - 米国   6:53am JST 210.49 +0.76 +0.36%

ドル建て6月限        19610         +40       19445      19660    19295
 円建て6月限       19605         +35       19440      19655    19285

    (暫定値)

米 ドル (USD) 111.559998
ユーロ (EUR) 123.830002
英 ポンド (GBP) 144.240005
スイス フラン (CHF) 113.800003
カナダ ドル (CAD) 81.989998
オーストラリア ドル (AUD) 82.720001
ニュージーランド ドル (NZD) 76.949997
タイ バーツ (THB) 3.231700
シンガポール ドル (SGD) 80.074600
フィリピン ペソ (PHP) 2.239300
香港 ドル (HKD) 14.334500
台湾 ドル (TWD) 3.691800
中国 元 (CNY) 16.190399
南アフリカ ランド (ZAR) 8.306800

NYMEX原油先物 ポイント 49.35 +0
NYMEX金先物 6月限 1252.8 -6.3
NYMEXプラチナ先物 7月限 936.8 -4.3
NYMEXガソリン 6月限 1.6041 -0.0003
WTI ・・・ 48.99 +0
LME銅先物 3ヶ月 5611.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1923.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9120.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 366 +0
シカゴ大豆 3ヶ月 944.75 +0
シカゴコーヒー 3ヶ月 127.7 -4.5
CRB商品指数 ポイント 183.2436 +0

 

戦略

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月19日(金)07時10分41秒
返信・引用
  海運の反発に下げ止まりを期待もあすは上値の重い展開か

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり370/値下がり1574と売りが優勢。全面安であったが特に銀行株の下げがきつく、三菱UFJは4%を超える大幅下落。証券会社のレポートを材料にオリンパスが大きく売られた。ほか、月次が失望を誘ったJACRや前期減益着地のフジプレアムなどが急落した。一方、JTや三越伊勢丹など内需の一角には買いが入った。ペッパーフードが月次好調を受けて急伸し、豊田通商との業務提携を発表したソルクシーズはストップ高。ほか、日経新聞で「水素ステーション」に関する記事が取り上げられたことから岩谷産業がしっかりで、澤藤電機や木村化工機などが関連として賑わった。

 リスク・オンのムードを冷やす米国株の急落を受けて日経平均も軟調ではあったが、後場は前場の高安の範囲内での小動きで、19500円台で終えるなど底堅さもうかがえた。きょうは後場に海運株が強含んできたことが注目を集めたが、海運は足元で非常に動きが弱かった業種の一つ。動きの弱かったところが下げ相場で反転するというのは、ここからの下押し圧力が限定的であることを示唆しているとも考えられる。市況関連銘柄などは同様に売り込まれているものも多く、これら4月後半の上昇局面でも見せ場の少なかったセクターの動向を注視しておきたい。一方で、足元強い内需株の中には、連日の上昇で過熱感が強まっているものも見受けられる。消去法的に買いが集中している側面もあり、弱いセクターが反転してきた場合、これらは特段の悪材料がなくても、循環物色で利食い売りの対象になると考える。

 あすは上値の重い展開か。大幅安となった米国株が落ち着きを取り戻すかが注目されるが、仮に反発したとしても、トランプ大統領の政策運営に関する不透明感を完全に払しょくすることは難しい。日経平均も2万円トライに失敗した格好となっており、上では戻り売りが待ち構えている。米国株に昨晩の下げの大半を戻すくらいの上昇が見られた場合には、一気に買い戻しが優勢とはなるだろうが、それ以外では買いは手控えられ、米国株が下げた場合には、週またぎへの警戒から売り圧力が強まる展開を予想する。
 

市況

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月18日(木)06時42分25秒
返信・引用
  .DJI  ダウ平均   5:48am JST 20,606.93 -372.82 -1.78%

.SPX  S&P500種   5:48am JST 2,357.03 -43.64 -1.82%

.IXIC  NASDAQ総合   6:15am JST 6,011.24 -158.63 -2.57%

.TRXFLDUSP  TR指数 - 米国   6:00am JST 209.73 -4.04 -1.89%

 ドル建て6月限             19460         -310         19830        19850     19455
 円建て6月限               19455         -315         19825        19845     19445

米 ドル (USD) 110.730003
ユーロ (EUR) 123.629997
英 ポンド (GBP) 143.679993
スイス フラン (CHF) 113.160004
カナダ ドル (CAD) 81.440002
オーストラリア ドル (AUD) 82.320000
ニュージーランド ドル (NZD) 76.870003
タイ バーツ (THB) 3.214500
シンガポール ドル (SGD) 79.610497
フィリピン ペソ (PHP) 2.223800
香港 ドル (HKD) 14.227700
台湾 ドル (TWD) 3.674600
中国 元 (CNY) 16.084900
南アフリカ ランド (ZAR) 8.388200

NYMEX原油先物 ポイント 48.66 +0.3
NYMEX金先物 5月限 1235 +24.2
NYMEXプラチナ先物 6月限 936.5 +9.1
NYMEXガソリン 5月限 1.6043 -0.0058
WTI ・・・ 48.59 +0
LME銅先物 3ヶ月 5613.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1905.5 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9235.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 367.75 +4
シカゴ大豆 3ヶ月 976.25 -0.5
シカゴコーヒー 3ヶ月 129.25 +0
CRB商品指数 ポイント 182.1377 +0
 

戦略

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月18日(木)06時38分33秒
返信・引用
  円高・株安で外需や金融が軟調、しばらくは方向感に欠ける展開か

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり630/値下がり1287と売りが優勢。任天堂が3日続伸し、終値で3万円台に乗せた。今期の大幅増益計画が好感された住友化学や証券会社が投資判断を引き上げた東京エレクが大幅上昇。13連騰のエムアップは全市場の売買代金ランキングでもトップ10入りし、市場の注目を大きく集めた。業績回復が確認できたマルコは連日のストップ高と値を飛ばした。一方、メガバンク3行や第一生命など金融株が軟調な展開。着地も今期見通しも大幅減益となった旭ダイヤが2桁の下げとなり、今期の減益見通しが嫌気された住精化や証券会社が投資判断を引き下げた参天製薬などが大幅安となった。

 円高進行を受けて日経平均は3桁の下落。個別の材料が多かった決算シーズンが一段落したタイミングで弱い動きが出てきたことから、ここからしばらくは日替わりで強気と弱気が入れ替わるような方向感に乏しい地合いが続くと予想する。あすは寄り前に発表される1-3月期のGDPが注目されるが、全体のモメンタムは為替次第となりそうだ。2万円手前で押し戻されたことから、目先は下振れが警戒されるが、テクニカル面では、急伸した5月8日の安値19705円を下回らずに推移できるかが注目点。あっさり割り込むようなら2万円は一段と遠のき、急伸前の19500円近辺で落ち着きどころを探る展開になると考える。

 円高は警戒材料だが、米国では6月のFOMCで利上げが実施されるとの見方が強く、その場合、直前では米国要人の発言や良好な経済指標などがドル高(円安)を促す可能性が高い。その意味では、6月利上げの可能性が消えるような事象が生じない限りは、ここから一方通行の円高が進むとは想定しづらい。円高基調が続いているうちは、内需銘柄優位の地合いが続くと考えるが、先を見据えれば、円安メリット銘柄の押し目を拾うに良い局面と考える
 

証券会社の仕掛け

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月18日(木)06時35分56秒
返信・引用
  窓をうめた位置からのスタートになるが、まだ下の窓が開いている。

19311の窓も明日閉めにいくかもしれませんね。

大統領の弾劾懸念は数日前から出ていたので、大量マネーが下げるタイミングを図っていたのでしょう。

その前に蛇の道は蛇で、ファンドマネージャーがあらかじめ年金の利益確定を行った。

そして株の番組では、日経平均PERが14.5倍なので売り方もこれ以上は難しいでしょうとけん制を入れた、などとも考える事が出来る。

決算結果が出終わったので、株価の動きが分かったから、株価がボロボロになるまで下げて、そこを拾う機関投資家のいつもの戦略と見る事も出来る。

問題は日本もユーロも景気が良くない事で、株価の底が難しいことでしょう。

 

好調企業

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月18日(木)02時50分10秒
返信・引用 編集済
  0518

http://

 

市況

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月17日(水)06時29分54秒
返信・引用
  .DJI  ダウ平均   5:44am JST 20,979.75 -2.19 -0.01%

.SPX  S&P500種   5:44am JST 2,400.67 -1.65 -0.07%

.IXIC  NASDAQ総合   6:15am JST 6,169.87 +20.20 +0.33%

.TRXFLDUSP  TR指数 - 米国   6:00am JST 213.77 -0.12 -0.06%

ドル建て6月限        19860         -20       19960      20005    19815
 円建て6月限        19855         -25       19960      19995    19810

     米 ドル (USD) 113.050003
ユーロ (EUR) 125.279999
英 ポンド (GBP) 146.009995
スイス フラン (CHF) 114.650002
カナダ ドル (CAD) 83.089996
オーストラリア ドル (AUD) 83.910004
ニュージーランド ドル (NZD) 77.800003
タイ バーツ (THB) 3.280200
シンガポール ドル (SGD) 81.059601
フィリピン ペソ (PHP) 2.276800
香港 ドル (HKD) 14.518500
台湾 ドル (TWD) 3.753200
中国 元 (CNY) 16.412399
南アフリカ ランド (ZAR) 8.651100

NYMEX原油先物 ポイント 48.85 -0.62
NYMEX金先物 5月限 1228.6 +7.5
NYMEXプラチナ先物 6月限 928.2 +8.3
NYMEXガソリン 5月限 1.5954 -0.0044
WTI ・・・ 48.81 +0
LME銅先物 3ヶ月 5559.5 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1891.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9315.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 367.75 -0.75
シカゴ大豆 3ヶ月 965.25 +10.5
シカゴコーヒー 3ヶ月 131.25 +0
CRB商品指数 ポイント 182.7409 +0



 

戦略

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月17日(水)06時25分45秒
返信・引用
  5/16 16:54

日経平均2万円の壁を意識、新興市場の選好が強まるか

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1130/値下がり767と買いが優勢。好決算と増配が好感されたVテクノロジーが商いを集めて大幅上昇。1Q決算を通過したソレイジアが値を飛ばした。業績予想を開示したジーンズメイトはストップ高。アズジェントやマルコなども決算を受けてストップ高と、好材料のあった銘柄には株価も強い反応を見せた。一方、業績見通し発表後の各種報道から再建への不透明感が強まった東芝が大幅安。きのうストップ高まで買われた野村不HDは一転売りが優勢となった。タカラレーベンや大京が決算失望で急落となり、今期営業赤字転落の見通しとなったDLEはストップ安比例配分となった。

 あと2円弱まで迫りながら日経平均は2万円に乗せることはできなかった。19900円台で終えており決して弱くはないが、先週に続いて節目を前に押し戻されており、2万円が抵抗としてより意識される点には注意が必要。企業決算は一巡し、やや材料難となるなか、ここから先は東証1部の売買代金に注目しておきたい。きょうは2兆6600億円台と高水準であったが、商いが急に細るようだと、指数の動きも外部要因に振らされて不安定となりやすい。日経平均は2万円の壁が意識されたことから、短期的には大型株よりマザーズやジャスダック銘柄を選好する流れが強まると予想する。物色ではセキュリティや有機EL関連などは、決算でも良好な内容が確認できたものも多く、相対的な選好が強まると考える。国内指標では、寄り前に3月機械受注の発表が予定されており、機械株の動向などにも注目しておきたい。
 

戦略

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月16日(火)07時38分8秒
返信・引用
  5/15 17:02

小幅安ながら高値引け、変化への期待も高まり2万円をうかがう展開へ

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり854/値下がり1057と売りが優勢。買収観測が報じられた野村不動産HDの急騰が呼び水となり、不動産株全般に買いが波及した。日立やスズキが決算を受けて大幅上昇。市光工業やアミューズ、じげんなども決算を手がかりに急伸し、日本一Sやウェーブロックはストップ高まで買われた。一方、そーせいは決算が売り材料となり大幅安。名村造船や石原産業は2桁の下げとなり、モーゲージSやダイヤモンド電機はストップ安まで売られた。また、昼休みに監査意見なしの業績見通しを発表し、後場に会見を行った東芝は、終日買いが優勢となった。

 マイナスながら日経平均、TOPIXとも高値引け。円高進行やサイバーテロへの警戒、地政学リスクの再浮上など、アゲインストの材料が多くあった割には、非常にしっかりした動きを見せた。本日、市場の注目を大きく集めたのが、日本郵政の買収観測が報じられ、大量の買い注文を残してストップ高比例配分となった野村不動産HD。日本郵政の保有する不動産資産を再開発などに有効活用できれば、そのメリットは大きいとの見方から買いが殺到した。こういった大型の業界再編に関する話が出てきて、株価にも強い反応が見られたことは、日本株全体にとって非常にポジティブ。異業種間の組み合わせというのも新味があった。株式市場が求めているのは、「変化」である。

 悪材料をこなしたあすは、よほど外部環境が悪化しない限りは堅調な地合いを予想する。野村不HDが買い気配スタートとなるようなら、投資家のリスク許容度も一段と高まる。ここまで出遅れ感が強かった不動産株に分かりやすい好材料が出てきたことで、株価が相対的に低位にあるセクターや銘柄が、新聞報道などを材料に動意づく可能性もあるとみる。円安などの追い風があれば、日経平均の2万円乗せにも期待がかかる。きょう15日で決算がほぼ一巡することから、あすまでは個別の材料が満載だが、水曜以降は市場エネルギーの低下も想定される。その意味では、あす2万円をつけるような展開が理想的。またそうなれば、2万円は到達点ではなく、通過点になると考える。
 

市況

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月16日(火)07時33分45秒
返信・引用
  .DJI  ダウ平均   5:53am JST 20,981.94 +85.33 +0.41%

.SPX  S&P500種   5:53am JST 2,402.32 +11.42 +0.48%

.IXIC  NASDAQ総合   6:15am JST 6,149.67 +28.44 +0.46%

.TRXFLDUSP  TR指数 - 米国   6:54am JST 213.89 +1.11 +0.52%

ドル建て6月限             19950          +60         19795        19965     19765
 円建て6月限            19945          +55         19800        19955     19755

米 ドル (USD) 113.660004
ユーロ (EUR) 124.760002
英 ポンド (GBP) 146.600006
スイス フラン (CHF) 114.040001
カナダ ドル (CAD) 83.349998
オーストラリア ドル (AUD) 84.279999
ニュージーランド ドル (NZD) 78.239998
タイ バーツ (THB) 3.288800
シンガポール ドル (SGD) 81.325104
フィリピン ペソ (PHP) 2.290600
香港 ドル (HKD) 14.596100
台湾 ドル (TWD) 3.780300
中国 元 (CNY) 16.481800
南アフリカ ランド (ZAR) 8.617100

NYMEX原油先物 ポイント 48.85 +0.01
NYMEX金先物 6月限 1230 +0.6
NYMEXプラチナ先物 7月限 928.7 +1.5
NYMEXガソリン 5月限 1.5954 +0.001
WTI ・・・ 47.78 +0
LME銅先物 3ヶ月 5543.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1875.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9315.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 367.75 +0
シカゴ大豆 3ヶ月 965.25 +0
シカゴコーヒー 3ヶ月 132.6 +0
CRB商品指数 ポイント 181.6909 +0


    
 

(無題)

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月13日(土)15時19分47秒
返信・引用
  取得平均株価は298円  

将棋

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月12日(金)12時02分10秒
返信・引用 編集済
  石田


年金は始めから破綻していた   投稿者:夢飾り   投稿日:2017年 5月13日(土)14時25分50秒   返信・引用 編集済


   https://www.youtube.com/watch?v=l9z7u7ys6Bs
武田教授の話は説得力があります

https://www.youtube.com/watch?v=g1fVXG2BCxc
新聞のウソ、トリックを暴く(上念司2013年のラジオ番組)










勉強家の日本共産党だが   投稿者:夢飾り   投稿日:2017年 5月13日(土)09時28分8秒   返信・引用 編集済


   https://www.youtube.com/watch?v=ozOX4fNZiew
日本共産党は目標を失っていると語っている、さらの芸能界にも共産党員がいて代表的な人物として、吉永小百合、山田洋二監督を上げている。
日本共産党は日本の経済について大変まともな事を言っていて、自民党よりも真剣に日本経済で自民党を攻撃しているが、政治については極左過ぎて支持できません。

会話を行っている5人のうち3人は、上念司、須田慎一郎、長谷川東京新聞論説委員

髪が紫色の怪物とよく会話に出てきますが、その方の学歴・経歴はとても素晴らしい。
しかしいつしかこの方も逆心の髪になってしまった。
https://www.youtube.com/watch?v=nWGZYbxF_a0
現在は大学教授

この会話は想像以上に面白く笑いました。




池上彰を徹底的にぶった切る   投稿者:夢飾り   投稿日:2017年 5月12日(金)19時05分0秒   返信・引用 編集済


   https://www.youtube.com/watch?v=ofPdUxrD3Rc


https://www.youtube.com/watch?v=rG1WNA-zUI4




ビクトリアマイル2017   投稿者:夢飾り   投稿日:2017年 5月12日(金)17時17分2秒   返信・引用 編集済


   今回もシミュレーション購入600円・・・単賞6枚

いままでの成績は大赤字ながら2連勝、1600の購入で800のリターン

考慮項目
強い騎手       5,2,6、
1,600に強い馬  2,3,5,6,13
東京芝の強い馬    2,7,12,17
全レースで強い馬   2,6,7,8,12
オッズ順       11、7、8、2、3、14

予想
私的総合2,6
騎手で 5
オッズで11、7,8、
強い馬で6

馬番 2,5,6,7,8,11の6枚をシミュレーション購入
2  12.9倍
5  32.0倍
6  63・9倍
7   5.9
8   8.0
11  1.6

11番が来たら最悪の赤字、7番、8番が着たらトントン、

5番、6番が来る事を望みます
オッズから3頭選びましたが、6頭中4頭も入ったのは不満です。
17頭中に6頭勝買って3連勝を狙います、高い馬が来る事を願います。


http://

 

市況

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月11日(木)07時10分34秒
返信・引用
  .DJI  ダウ平均   5:41am JST 20,943.11 -32.67 -0.16%

.SPX  S&P500種   5:41am JST 2,399.63 +2.71 +0.11%

.IXIC  NASDAQ総合   6:15am JST 6,129.14 +8.56 +0.14%

.TRXFLDUSP  TR指数 - 米国   6:00am JST 213.75 +0.33 +0.15%

 ドル建て6月限                  19965            +65           19950         19985       19875
 円建て6月限                    19950            +50           19935         19970       19865
    (暫定値)

米 ドル (USD) 114.269997
ユーロ (EUR) 124.169998
英 ポンド (GBP) 147.800003
スイス フラン (CHF) 113.279999
カナダ ドル (CAD) 83.580002
オーストラリア ドル (AUD) 84.080002
ニュージーランド ドル (NZD) 78.260002
タイ バーツ (THB) 3.287400
シンガポール ドル (SGD) 80.973602
フィリピン ペソ (PHP) 2.286300
香港 ドル (HKD) 14.675200
台湾 ドル (TWD) 3.774500
中国 元 (CNY) 16.548201
南アフリカ ランド (ZAR) 8.473900

NYMEX原油先物 ポイント 47.33 +0
NYMEX金先物 10月限 1225.7 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 916.9 +0
NYMEXガソリン 9月限 1.412 +0
WTI ・・・ 45.79 +0
LME銅先物 3ヶ月 5486.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1879.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9145.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 365.25 +0
シカゴ大豆 3ヶ月 961.75 +0
シカゴコーヒー 3ヶ月 132.8 +0
CRB商品指数 ポイント 177.2934 +0


 

戦略

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月11日(木)07時05分31秒
返信・引用
  静かに高値は更新、トヨタの決算を市場はどう評価するか

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1044/値下がり805と買いが優勢。決算で評価が高まった三菱自が大幅上昇。冶金工や古河電池なども決算で急伸し、ラウンドワンはストップ高まで買われる場面もあった。新興市場ではソネットメディアやユナイテッドが大幅高となった。一方、SCREENや旭硝子が決算失望で大幅安。場中に決算を発表した東レが発表後に大きく売られる展開となった。アエリアは大幅上方修正を発表も、市場の期待に届かず急落した。

 終値ベースできっちり19900円台を回復し、年初来高値は更新した一方、上値の重さも意識された一日。後場は前場の高安の範囲内での小動きが続いた。決算もいよいよ佳境を迎える中、きょう引け後に発表された決算は注目度の高いものが多く、あすは指数の短期的な方向性を左右する可能性もあると考える。中でも注目を集めるのはトヨタであろう。今期の見通しは前期比20%営業減益計画と、かなり見栄えの良くないものとなった。ドル円想定レートは105円で、現状水準では保守的な予想ではあり、着地は同30%営業減益ではあるものの、3Qで上方修正した数値を上回ってはいる。足元では円安進行局面でもSUBARUの軟調推移が続くなど、自動車株には警戒感もあったが、市場がトヨタの決算をどう評価するか。事前期待は高まっていないだけに、仮に下げたとしても、寄り付き以降に強い反応が見られるようであれば、全体にも好影響が期待できる。一方、ここからもう一段売られて押し目買いも入らないようなら、日経平均の2万円は遠のく。物色もトヨタが買われるようなら主力株中心となり、逆に売られるようなら、新興市場など中小型を選好する流れが強まると予想する。
 

市況

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月10日(水)07時05分27秒
返信・引用
  .DJI  ダウ平均   5:38am JST 20,975.78 -36.50 -0.17%

.SPX  S&P500種   5:38am JST 2,396.92 -2.46 -0.10%

.IXIC  NASDAQ総合   6:15am JST 6,120.59 +17.93 +0.29%

.TRXFLDUSP  TR指数 - 米国   6:00am JST 213.42 -0.17 -0.08%

ドル建て6月限                  19960            +70           19930         20040       19860
 円建て6月限                    19955            +65           19910         20030       19845
    (暫定値)

米 ドル (USD) 114.050003
ユーロ (EUR) 124.019997
英 ポンド (GBP) 147.550003
スイス フラン (CHF) 113.199997
カナダ ドル (CAD) 83.139999
オーストラリア ドル (AUD) 83.709999
ニュージーランド ドル (NZD) 78.610001
タイ バーツ (THB) 3.278200
シンガポール ドル (SGD) 80.783401
フィリピン ペソ (PHP) 2.283700
香港 ドル (HKD) 14.652000
台湾 ドル (TWD) 3.768500
中国 元 (CNY) 16.507900
南アフリカ ランド (ZAR) 8.359300

NYMEX原油先物 ポイント 45.88 +0
NYMEX金先物 10月限 1222.9 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 908 +0
NYMEXガソリン 9月限 1.3718 +0
WTI ・・・ 46.41 +0
LME銅先物 3ヶ月 5585.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1903.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9140.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 358.25 +0
シカゴ大豆 3ヶ月 965.25 +0
シカゴコーヒー 3ヶ月 134.55 +0
CRB商品指数 ポイント 178.1318 +0
 

円安進む

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月10日(水)06時58分15秒
返信・引用 編集済
  0510
貿易赤字、黒字
   上念司氏が分りやすく解説
https://www.youtube.com/watch?v=KgpslOHp0vU

http://

 

明日の戦略

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月10日(水)00時03分51秒
返信・引用
  5/9 16:33

大幅高の翌日の割には変化に乏しい1日、あすは動きづらい展開か

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり918/値下がり950とやや売りが優勢。ゼンリンや船井総研、EIZOなどが決算を受けて大幅上昇。明治機械やレックはストップ高まで買われた。月次好調の薬王堂なども強い動きを見せた。日経新聞でビットコインに関する記事が報じられたことなどから、マネーパートナーズやリミックスポイントなど仮想通貨関連が賑わった。一方、後場に決算を発表した三菱商事が下げ幅拡大の展開。パイロットやUアローズ、アース製薬などが決算失望で急落した。ソレイジアは前場に今年の高値をつける場面があったが、後場は一転大幅安と荒い動きとなった。

 日経平均はトントン拍子に2万円乗せとはならず、4日ぶりに反落となった。場中は小動きで、材料のある銘柄や新味のあるテーマ株には資金が集中する今年見慣れた雰囲気。日経平均が450円上げた翌日に、売買代金トップ銘柄が監査意見なしで本決算を出すと報じられた東芝で、3位が3月に上場したばかりのソレイジアというのは、ちょっと寂しい。きのうの商いを伴った大幅高が相場の転換点ではなく、イレギュラーな上昇となってしまわないことを祈りたいが、急伸したぶんテクニカル面の下のサポートがなく、腰の入った買いが続かないようだと、2万円が抵抗となり、この先しばらくもたつく展開も想定される。

 あすはトヨタとソフトバンクGの決算発表が予定されている。トランプ政権誕生で明暗分かれた2社だけに、本決算の内容にも注目が集まる。きょうの日本株が微妙な動きとなったこともあり、あすはこれらの決算を見極めたいとの見方から、引き続き様子見姿勢の強い地合いを予想する。日経平均が19900円台まで一気に上昇したのは、ここまで何度か抵抗となった節目の19500円を、大型連休明けの8日に寄り付きから大きく上回ったことが大きい。きょうの指数の動きや物色動向を見ると、現状では大台超えには海外からの強力な後押しが必要と考える。
 

cme

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月 9日(火)07時21分50秒
返信・引用 編集済
 

戦略日経平均2万円が射程に入る大幅上昇、カギを握るのはドル円

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1875/値下がり108と幅広い銘柄に買いが入った。月次好調のファストリが大幅上昇。アダストリアやABCマートなども良好な月次を手がかりに買いが入った。大型店の出店を加速させると日経新聞で報じられた良品計画なども強い動き。JUKIやTOA、プラッツなどが業績関連のリリースで値を飛ばした。一方、前期の営業利益下振れを発表したワコムや今期の下方修正を発表した夢テクノロジーなどが軟調。決算発表延期を発表したアピックヤマダはストップ安まで売られた。

 日経平均は今年の高値をあっさり更新し、一時19900円台も回復する強い上昇。昨年はゴールデンウイーク中に円高が進行し、連休明けに大きく値を下げたが、今年は間逆の動きとなった。水準的には2万円が意識されるが、日経平均は4月21日からきょうまでの9営業日のうち、7営業日が3桁の上昇できょうが450円高と、短期的には一服感も出やすいところ。ここまでの上昇を見せた以上、そう遠くないうちに節目を回復する可能性は高いが、2万円タッチにもたつくようだと、到達してもいったんの天井となり、その後はもみ合う展開も想定される。その意味では、決算が集中する今週、できれば前半のうちに2万円に乗せ、後半で値固めが進む展開が理想的。カギを握るのはドル円になると考える。ドル円のチャートは、日足では一目均衡表で雲の中から上に浮上できるか、週足では26週線を上に抜けられるか、それぞれ節目に差しかかっている。FOMCや米雇用統計を通過して円安基調が強まったことは好材料で、仏大統領選の結果を受けて、リスク・オンからもう一段円安が進むかどうかに注目したい。

http://

 

市況・円安113円台

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月 9日(火)07時14分10秒
返信・引用
   ドル建て6月限                  19925            +55           19775         19945       19730
 円建て6月限                    19915            +45           19765         19935       19710
    (暫定値)

.DJI  ダウ平均   5:38am JST 21,012.28 +5.34 +0.03%

.SPX  S&P500種   5:38am JST 2,399.38 +0.09 +0.00%

.IXIC  NASDAQ総合   6:15am JST 6,102.66 +1.90 +0.03%

.TRXFLDUSP  TR指数 - 米国   6:00am JST 213.59 -0.18 -0.08%

米 ドル (USD) 113.230003
ユーロ (EUR) 123.699997
英 ポンド (GBP) 146.559998
スイス フラン (CHF) 113.360001
カナダ ドル (CAD) 82.680000
オーストラリア ドル (AUD) 83.620003
ニュージーランド ドル (NZD) 78.199997
タイ バーツ (THB) 3.269000
シンガポール ドル (SGD) 80.550400
フィリピン ペソ (PHP) 2.270900
香港 ドル (HKD) 14.550000
台湾 ドル (TWD) 3.753100
中国 元 (CNY) 16.404100
南アフリカ ランド (ZAR) 8.304300

NYMEX原油先物 ポイント 46.43 +0
NYMEX金先物 10月限 1233.9 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 926.7 +0
NYMEXガソリン 9月限 1.394 +0
WTI ・・・ 46.18 +0
LME銅先物 3ヶ月 5543.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1913.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9015.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 356.75 +0
シカゴ大豆 3ヶ月 956.25 +0
シカゴコーヒー 3ヶ月 133.1 +0
CRB商品指数 ポイント 177.9244 +0
 

おはよう寺ちゃん活動中で三橋氏が語る

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月 3日(水)09時35分54秒
返信・引用
  麻生財務大臣がそろそろ消費税を10%にしなければならぬ発言について、

過去に三橋氏との対談においては立派な事を云っていた、もしも消費税増税論者になったのなら、高齢化で呆けたとしか思えない。

プライマリーバランスの黒字化目標について、

日本の一番厄介な問題で6月にこの問題が改正されなければ、日本のデフレはさらに数年続く、藤井聡内閣官房参与で京都大学院教授により、この目標が撤廃される事を望む。

国債に値が付かなかった問題についても触れていて、日本の国債が不足していて、国債を保有している人が減っていて、売る人がいない状況なので、政府が普通に国債を発行したらよい。

また、新聞各社が国債取引が不調で行われないと、金利が上がると書いているが、日銀が買うので上がるわけがない。

国債暴落で金利を上げたい新聞各社、財務省の不安を煽りたい人々が発言している事だと解説。

そういえば、ストックボイスでキャスターが日銀決定会合の結果、国債買取の額、年間080兆円を維持について、これでは銀行の金利が上がりませんがどうですかと株式アナリストに聞いていた、何を言いたいのか分らないが、このキャスターは金融緩和に反対で出口戦略を行うべきと考えているのかなと
 

トランプ政権

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月 2日(火)09時43分50秒
返信・引用
  トランプ氏、「インフラ投資1兆ドル」 議会演説
「経済を再起動」
2017/3/1 12:34










閉じる










閉じる










???
? 共有


? 保存

? 印刷

その他?



 【ワシントン=平野麻理子】トランプ米大統領は28日夜(日本時間3月1日午前)、米議会上下両院合同本会議で初めての施政方針演説に臨んだ。トランプ氏は「法人税率を下げる歴史的な税制改革を進めている」と表明。1兆ドル(約113兆円)規模のインフラ投資法案への協力を議会にあおぎ「米経済のエンジンを再起動する」と強調した。医療保険制度や移民制度改革にも取り組む方針を示した。










?Play Video










トランプ米大統領が議会演説

 トランプ米大統領は28日夜(日本時間3月1日午前)、米議会で初めての演説に臨んだ。「法人税率を下げる歴史的な税制改革を進める」と強調。国防費支出を大幅に拡大し、医療保険制度改革にも取り組む方針を示した。






 トランプ政権は約30年ぶりとなる大規模な税制改革に乗り出す。「親ビジネス」の減税で、米企業の国外流出を防ぎ、米国民の雇用を創出するねらいがある。演説では「米企業は現在、世界中のどこよりも高い税をかけられている」と述べ、企業減税の必要性をアピールした。「中間層への巨額減税を提供する」と一般市民向けの減税にも取り組む考えを示した。

 トランプ氏は「国家を再建設する時が来た」と述べ、道路や橋、トンネル、空港や鉄道など総額1兆ドル規模のインフラ投資に取り組む姿勢をアピールした。新たなインフラ投資は「数百万の雇用を生み出す」とし、関連法案の成立への協力を議会に呼びかけた。

 通商分野では「北米自由貿易協定(NAFTA)の締結以来、製造業の雇用の4分の1以上が失われた」などと語り、「公平な貿易が求められている」と主張した。

 「米軍の再建」のために、国防費を増額する方針も表明した。トランプ氏はすでに国防費を540億ドル増額する一方、非国防費を同じだけ削減する方針を表明している。オバマ前政権は国防予算を縮小してきたが、トランプ氏は軍事面で台頭する中国やロシア、中東諸国に国防費の積み増しで対抗する。

 トランプ氏は選挙戦中からの看板政策であるメキシコ国境での壁建設についても言及。「南端の国境に沿った壁の建設を近く始める」と表明した。国防費を捻出するため、国務省や米環境保護局(EPA)の予算は削減される見通しだ。

 テロとの戦いでは、「米国内にテロリズムの足場を築かせるわけにはいかない」と語った。国防総省に過激派組織「イスラム国」(IS)撲滅に向けた計画策定を命じるとともに、入国審査の厳格化を進めるとした。

 社会保障制度では、オバマケア(医療保険制度改革)を「崩壊している」と指摘し、撤廃方針を改めて打ち出した。新制度では「(保険の)選択肢を増やして価格を下げると同時に、良質なヘルスケアを提供する」と説明した。そのために州の境を越えて保険を購入できるように規制を見直し、「真の競争力のある全米規模の市場を作り出す」考えを示した。

 安全保障では、「私は北大西洋条約機構(NATO)を強く支持している」と語る一方、「我々のパートナーも財政的負担を負う必要がある」との従来の主張を繰り返した。日本には直接言及しなかったものの、「NATOでも、中東でも、太平洋地域でも、パートナーたちには適切な費用負担を求める」と述べた。

 昨年11月の大統領選で勝利して以降、トランプ氏が打ち出す減税や規制緩和などの経済政策への期待感から、米では株高や通貨高が進行してきた。ダウ工業株30種平均は27日まで12営業日連続で過去最高値を更新した。演説の内容を受けて「トランプ相場」が今後続くか注目される。
 

ラジオ日経御意見伺います

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月 2日(火)09時35分47秒
返信・引用
  私の答え

そこそこ期待している

期待はしているが、マナーの悪さがネット上に沢山あり、日本のそれを見ると嫌気が差す。

また外人に対しての特権である免税店には、不公平を感じる。

国内に魅力があれば、そのような事を行わなくても外国人はやってくる事に着目したい。

北海道北見市の温根湯温泉は観光地で観光バスで中国人や台湾人、韓国人がやってきて、そこだけ見れば国際都市なのだが、添乗員がしっかりしている事もあり、マナーは大変に良く歓迎したい。

土産の客単価も高く、海鮮の1000円の袋が飛ぶように売れたり、白い恋人のクッキーがまとめ買いされたり、ソフトクリームがものすごく売れたり、外人様々の状態でした。
 

震度6

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 4月28日(金)08時20分32秒
返信・引用
  地図  

市況

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 4月28日(金)06時52分48秒
返信・引用
  ドル建て6月限     19255        -35      19210     19325    19210
 円建て6月限       19235        -55      19195     19305    19185


    (暫定値)

.DJI  ダウ平均   5:41am JST 20,981.33 +6.24 +0.03%

.SPX  S&P500種   5:41am JST 2,388.77 +1.32 +0.06%

.IXIC  NASDAQ総合   6:15am JST 6,048.94 +23.71 +0.39%

.TRXFLDUSP  TR指数 - 米国   6:00am JST 213.25 +0.12 +0.06%

米 ドル (USD) 111.279999
ユーロ (EUR) 120.980003
英 ポンド (GBP) 143.559998
スイス フラン (CHF) 111.919998
カナダ ドル (CAD) 81.629997
オーストラリア ドル (AUD) 83.059998
ニュージーランド ドル (NZD) 76.540001
タイ バーツ (THB) 3.215300
シンガポール ドル (SGD) 79.616501
フィリピン ペソ (PHP) 2.224300
香港 ドル (HKD) 14.301300
台湾 ドル (TWD) 3.687500
中国 元 (CNY) 16.127501
南アフリカ ランド (ZAR) 8.332400

NYMEX原油先物 ポイント 49.62 -0.38
NYMEX金先物 5月限 1262.1 +2.4
NYMEXプラチナ先物 5月限 946.1 +0.3
NYMEXガソリン 4月限 1.5903 -0.0327
WTI ・・・ 49.19 +0
LME銅先物 3ヶ月 5706.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1963.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9320.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 362 +0
シカゴ大豆 3ヶ月 945.75 +0
シカゴコーヒー 3ヶ月 127.65 -0.5
CRB商品指数 ポイント 181.7076 +0
 

戦略

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 4月28日(金)06時47分59秒
返信・引用
  個別物色活況で下げ渋る、決算ラッシュのあすの動向は要注目

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1219/値下がり672と日経平均は下げたものの、値上がり銘柄の数は多い。ベリサーブやVOYAGE、富士通ゼネラルなどが決算を受けて大幅上昇。アコムは前期大幅営業赤字転落見込みも、悪材料出尽くし感が強まり、株価は非常に強い動きを見せた。日経新聞でクールジャパン機構と共同で農産物のアジア向け輸出に取り組むと報じられた農業総研はストップ高まで買われた。一方、ヤフーやLINEが決算失望で大幅安。前期の下方修正を発表した三菱重工や証券子会社の決算が低調だった楽天なども大きく売られた。きのうTOB観測で急伸した日立国際は、正式に発表されたTOB価格が市場価格を下回ったことから一転急落となった。

 国内ではきょうとあすで決算発表が集中する。これを受けたあすと、週明け5月1日の動向は、日本株のこの先の方向性を探るリトマス試験紙になるとみている。日経平均が上値を追うためには、出てくる決算が良く(底打ち確認なども含めて)、株価も買いで反応する銘柄が多く出てくる必要があると考える。決算時期は材料が多く、あちこちでガチャガチャ動くため、決算発表が一巡する5月15日あたりまでは株式市場も堅調が期待できる。しかし、ここで良い印象を与える銘柄が多くないと、その後に買いが続かない。今のところ、主力どころで決算が良くて株価の反応も良かったのはきょうのキヤノンくらい。ただ、キヤノンは12月決算銘柄で既に今期の見通しは発表済み。大型の3月決算銘柄で見通し込みで買われる銘柄がどれだけ出てくるかがあすの注目点となる。良い動きが多く出てくれば、日本企業のファンダメンタルズを改めて評価する見方が強まり、買いが買いを呼ぶ展開が期待できる。一方、それが少なければ、決算期間中は内容がポジティブな銘柄の物色でそこそこ堅調も、徐々に上値が重くなる展開を予想する。

 

市況

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 4月27日(木)07時20分11秒
返信・引用
  ドル建て6月限     19200        -80      19215     19355    19185
 円建て6月限       19175       -105      19190     19325    19155

    (暫定値)
.DJI  ダウ平均   5:45am JST 20,975.09 -21.03 -0.10%

.SPX  S&P500種   5:45am JST 2,387.45 -1.16 -0.05%

.IXIC  NASDAQ総合   6:15am JST 6,025.23 -0.27 -0.00%

.TRXFLDUSP  TR指数 - 米国   7:05am JST 213.13 +0.03 +0.01%

米 ドル (USD) 111.150002
ユーロ (EUR) 121.150002
英 ポンド (GBP) 142.729996
スイス フラン (CHF) 111.839996
カナダ ドル (CAD) 81.559998
オーストラリア ドル (AUD) 83.029999
ニュージーランド ドル (NZD) 76.599998
タイ バーツ (THB) 3.222400
シンガポール ドル (SGD) 79.601799
フィリピン ペソ (PHP) 2.232400
香港 ドル (HKD) 14.284100
台湾 ドル (TWD) 3.686000
中国 元 (CNY) 16.122400
南アフリカ ランド (ZAR) 8.362700

NYMEX原油先物 ポイント 49.62 -0.38
NYMEX金先物 6月限 1264.2 +6.1
NYMEXプラチナ先物 7月限 948.5 +4
NYMEXガソリン 4月限 1.5903 -0.011
WTI ・・・ 49.2 +0
LME銅先物 3ヶ月 5655.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1946.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9260.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 359 +0
シカゴ大豆 3ヶ月 945.75 +0
シカゴコーヒー 3ヶ月 129.75 -0.15
CRB商品指数 ポイント 181.909 +0
 

法人税引き下げと財源

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 4月27日(木)07時13分47秒
返信・引用
  ニューヨーク 26日 ロイター] - 米国株式市場は、小幅反落して引けた。企業決算の面では引き続き好材料が出たものの、税制改革案の実現性を巡る不透明感が相場の足を引っ張った。

トランプ政権が発表した税制改革案は、法人税率引き下げや企業の海外利益の本国還流に対する税制優遇措置などが盛り込まれた。ただ財政赤字を増やさずに財源を確保する具体的な方法は明らかにされていない。UBSウェルス・マネジメント・アメリカズのシニア株式ストラテジスト、デービッド・レフコウィッツ氏は税制改革について「会見で示されたのはいくつかの骨子だけで、現時点で詳細部分の多くは分かっていない。この計画を法制化するまでにはいささか苦戦が予想される」と指摘した。
 

明日の戦略

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 4月27日(木)00時56分30秒
返信・引用
  4/26 16:46

4日連続で3桁の上昇、トランプ政権が高めるのは期待?不安?

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1655/値下がり294と買いが優勢。日立が保有株を売却するとの観測が伝わった日立国際が急騰。日立も構造改革期待から強い動きとなった。オービックやエムスリーが決算が好感されて大幅高となり、前期利益見通しの上振れを発表したIHIや日神不動産、上方修正と増配を発表した世紀東急なども大きく買われた。一方、石川製作所や細谷火工など防衛関連が軒並み値を崩し、アエリアや遠州トラックなど、直近で強い動きが見られていたものには利益確定の動きが強まった。ほか、今期大幅減益計画のユアテックや証券会社が投資判断を引き下げたアークスなどが軟調に推移した。

 21日からの4日間で日経平均は約858円の上昇。先週の週初(17日)には18224円の年初来安値をつけており、安値からは1000円超上昇している。海外要因で高寄りしても、そこからさらに買われる動きが多く見られており、非常に強い相場。ただスケジュール的には来週に大型連休を控えており、そろそろ上昇ペースが鈍る展開も想定しておく局面。今年の高値は3月2日につけた19668円で、19500円より上は何度も戻り売りに押されている。とはいえ、リスクイベントを通過した後の急騰のため、北朝鮮が軍事行動を行うとか、仏大統領選でマクロン氏にスキャンダルが出て支持率が急落するとか、わかりやすい悪材料が出ない限りは、反動売りが出てきても、一時的なものになると考える。

 米国ではトランプ政権が税制改革の概要を発表する予定で、これを受けた米国市場の反応が注目される。リスク・オンムードを一段と高めるのか、材料出尽くしか、もしくは失望か。米国株は連日で大幅高となっており、期待の高さもうかがえる。それ故に、この材料でさらに上を取りに行くようなら、過熱感を伴った上昇が続く可能性もある。一方、失望を誘うようなら、29日にトランプ大統領就任100日を迎えるなか、政権運営能力を不安視する見方が強まり、調整色を強める展開も想定される。日本株への影響という点では、円安基調が維持されるかが重要。円安・米国株高なら日経平均はあすにも19500円が見えてくるが、円高・米国株安なら直近急騰の反動も懸念される。国内では日銀会合の結果発表が注目されるが、おそらく今回はノーサプライズ。ただ、ここまでの動きが非常に強かっただけに、いったん利食いのきっかけを作ってしまう可能性はある。地合いは急改善したが、その分荒い動きも出やすいだけに、高値圏にある銘柄の上値追いよりも、下が固くなって直近の上昇で底打ちが示唆されるような銘柄の押し目を拾う戦略が有効と考える。
 

桜井

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 4月26日(水)14時58分52秒
返信・引用
   

戦略

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 4月26日(水)07時43分43秒
返信・引用
  日経平均は節目を回復、この先はドル円の節目に注目

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1633/値下がり305と買いが優勢。日経新聞1面で宅配便の基本運賃を引き上げると報じられたヤマトHDが大幅上昇。上方修正を発表した伯東やマクニカ富士などが急伸した。1Qで特別利益を計上すると発表した広栄化学はストップ高まで買われた。株式分割を発表したサニーサイドアップなども強い動き。一方、業績観測記事が失望を誘ったNTTドコモや、決算が市場の期待に届かなかったさくらネットや軟調。運営サイトから個人情報が流出したことを発表したぴあが後場に入り急落した。細谷火工や石川製作所など小型の防衛関連は軒並み売られる展開となった。

 日経平均は後場に上げ幅を広げ、終値で19000円台を回復した。これで3日連続3桁上昇。26週線を上回り、13週線も一時上回るなど、今週の上昇でいくつかの節目の水準まで戻している。ここから上が見込めるかという点では、やはり節目にさしかかかっているドル円の動向が注目される。ドル円は足元でちょうど25日線近辺で推移しているが、同水準は今年の戻り局面では何度か抵抗となっている。今晩米国では、消費者信頼感指数や住宅関連指標など経済指標の発表が多い。地合いがリスク・オンに傾きつつあるなか、ドル円が25日線を明確にブレイクしてくるようなら、日本株ももう一段の上昇が期待できる。
 

市況

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 4月26日(水)07時38分41秒
返信・引用
  .DJI  ダウ平均   5:39am JST 20,996.12 +232.23 +1.12%

.SPX  S&P500種   5:39am JST 2,388.61 +14.46 +0.61%

.IXIC  NASDAQ総合   6:15am JST 6,025.49 +41.67 +0.70%

.TRXFLDUSP  TR指数 - 米国   7:05am JST 213.10 +1.35 +0.64%

米 ドル (USD) 111.000000
ユーロ (EUR) 121.309998
英 ポンド (GBP) 142.470001
スイス フラン (CHF) 111.730003
カナダ ドル (CAD) 81.760002
オーストラリア ドル (AUD) 83.669998
ニュージーランド ドル (NZD) 77.190002
タイ バーツ (THB) 3.223300
シンガポール ドル (SGD) 79.628403
フィリピン ペソ (PHP) 2.235100
香港 ドル (HKD) 14.267900
台湾 ドル (TWD) 3.680900
中国 元 (CNY) 16.118799
南アフリカ ランド (ZAR) 8.491000

NYMEX原油先物 ポイント 49.56 -0.22
NYMEX金先物 5月限 1265.4 -2.2
NYMEXプラチナ先物 7月限 957.6 -1.1
NYMEXガソリン 4月限 1.623 -0.0198
WTI ・・・ 48.87 +0
LME銅先物 3ヶ月 5623.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1933.5 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9345.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 365 +0
シカゴ大豆 3ヶ月 954.5 +0
シカゴコーヒー 3ヶ月 130.55 +1.05
CRB商品指数 ポイント 180.9318 +0

ドル建て6月限                  19225           +135           18910         19270       18885
 円建て6月限                    19200           +110           18895         19240       18850
    (暫定値)
 

日銀

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 4月25日(火)13時12分20秒
返信・引用 編集済
  買い
?
 

温暖化

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 4月25日(火)08時15分42秒
返信・引用
  pp  

商品

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 4月25日(火)07時32分15秒
返信・引用
  ・DJI  ダウ平均   5:35am JST 20,763.89 +216.13 +1.05%

.SPX  S&P500種   5:35am JST 2,374.15 +25.46 +1.08%

.IXIC  NASDAQ総合   6:15am JST 5,983.82 +73.30 +1.24%

米 ドル (USD) 109.769997
ユーロ (EUR) 119.279999
英 ポンド (GBP) 140.399994
スイス フラン (CHF) 110.230003
カナダ ドル (CAD) 81.269997
オーストラリア ドル (AUD) 83.080002
ニュージーランド ドル (NZD) 77.000000
タイ バーツ (THB) 3.196600
シンガポール ドル (SGD) 78.796600
フィリピン ペソ (PHP) 2.202500
香港 ドル (HKD) 14.110900
台湾 ドル (TWD) 3.623700
中国 元 (CNY) 15.942200
南アフリカ ランド (ZAR) 8.417700

NYMEX原油先物 ポイント 49.23 +0.06
NYMEX金先物 4月限 1275.8 -0.2
NYMEXプラチナ先物 7月限 960.2 +4.5
NYMEXガソリン 4月限 1.6214 +0.0046
WTI ・・・ 49.59 +0
LME銅先物 3ヶ月 5623.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1943.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9480.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 359.25 +0
シカゴ大豆 3ヶ月 961.25 +0
シカゴコーヒー 3ヶ月 129.9 +0.05
CRB商品指数 ポイント 181.8708 +0


.TRXFLDUSP  TR指数 - 米国   7:07am JST 211.75 +2.29 +1.09%
 

戦略

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 4月25日(火)07時28分34秒
返信・引用
  明日の戦略

4/24 16:38

欧州政治リスク後退で大幅高、不透明材料も多いが押し目は買い

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1534/値下がり381と買いが優勢。前期の上方修正および今期の大幅増益観測と好材料が多かったソニーが大幅上昇。パナソニックがTOBを発表したパナホームが急伸し、上方修正を発表した新光電工やJVCKWなども強い動きを見せた。アマノは証券会社のレポートを手がかりに大幅高。日本中央競馬会からの映像伝送システムの受注を発表した池上通信機が後場に急騰した。一方、SUMCOが商いを集めて逆行安の展開。野村HDは株高局面ながらマイナスで終えるなど弱さが目立った。前期の利益見通しが大幅下振れとなったサンデンが大幅安。新株予約権発行が嫌気されたGNIはストップ安比例配分と大きく売られる展開となった。

 最後まで大混戦であったフランス大統領選の第1回投票は、終わってみればマクロン氏とルペン氏の決選投票という、大方の市場予想通りの結果。波乱を回避できたことを東京市場も好感した。ただ、雰囲気としてはリスク・オンながら、マザーズ指数はマイナスで、物色では小型の防衛関連が軒並み急騰してリスク・オフを意識させるなど、いびつな動きも見られた。あすは仏大統領選を受けた欧米市場の反応が注目される。東京市場同様に買い反応となり、ドル円も110円レベルを維持できるようなら、日本株にも好影響が続く可能性が高い。一方で米朝の緊張が高まる中、朝鮮人民軍創軍85周年のイベントはリスク要因。軍事的行動は起こらなくても警戒材料にはなることから、日経平均は上昇した場合でも、節目の19000円あたりでは戻り売りに押されると予想する。ただ、フランスの選挙に関しては、昨年からリスク要因として強く意識されていただけに、反EU派の候補が大統領に就任する可能性が大きく低下したことは、先の不透明感をかなり和らげる材料となる。5月7日の決選投票の近くでは9日に韓国の大統領選もあり、この間に東京市場ではゴールデンウイークを挟むことから、少し不安定な動きは続くかもしれないが、押し目があれば買いに妙味ありと考える。
 

市況

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 4月21日(金)07時44分11秒
返信・引用
  ドル建て6月限                  18620           +150           18410         18660       18400
 円建て6月限                    18570           +100           18375         18615       18370


為替109円35銭
cme18590円

.DJI  ダウ平均   5:36am JST 20,578.71 +174.22 +0.85%

.SPX  S&P500種   5:36am JST 2,355.84 +17.67 +0.76%

.IXIC  NASDAQ総合   6:15am JST 5,916.78 +53.74 +0.92%

.TRXFLDUSP  TR指数 - 米国   7:03am JST 210.09 +1.64 +0.79%

米 ドル (USD) 109.330002
ユーロ (EUR) 117.089996
英 ポンド (GBP) 139.979996
スイス フラン (CHF) 109.459999
カナダ ドル (CAD) 81.150002
オーストラリア ドル (AUD) 82.279999
ニュージーランド ドル (NZD) 76.629997
タイ バーツ (THB) 3.176300
シンガポール ドル (SGD) 78.225998
フィリピン ペソ (PHP) 2.195800
香港 ドル (HKD) 14.066000
台湾 ドル (TWD) 3.594800
中国 元 (CNY) 15.885000
南アフリカ ランド (ZAR) 8.310000

NYMEX原油先物 ポイント 50.71 +0.03
NYMEX金先物 5月限 1282.1 -1.4
NYMEXプラチナ先物 7月限 981.2 -0.1
NYMEXガソリン 4月限 1.6705 -0.0003
WTI ・・・ 50.21 +0
LME銅先物 3ヶ月 5572.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1892.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9310.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 357.75 +0
シカゴ大豆 3ヶ月 946.75 +0
シカゴコーヒー 3ヶ月 131.75 -6.25
CRB商品指数 ポイント 183.9177 +0
 

レンタル掲示板
/29