teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]



新着順:9/182 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

反戦掲げて女性ら 母親大会

 投稿者:  投稿日:2016年10月26日(水)16時16分4秒 zaq3a558393.zaq.ne.jp
  通報 返信・引用
  反戦掲げて女性ら集結/山形・東置賜

 山形県の東置賜母親大会が25日、南陽市内で開かれ、置賜各地から多くの女性が参加しました。
 濱田友美実行委員長のあいさつに続き、東置賜教職員組合の堀野広一委員長と南陽市九条の会の渡部洋治代表が連帯のあいさつをしました。
 堀野氏は、「私たちの掲げるスローガン『教え子を再び戦場に送らない』と母親大会が掲げる『生命(いのち)を生み出す母親は生命を育て生命を守ることを望みます』は共通するもの、平和な社会をつくるため共に運動を進めていこう」と述べました。
 運動交流で4団体が報告。南陽市の新日本婦人の会は、レッドアクションの取り組みを報告。繁華街にスローガンを掲げ、スタンディングで戦争法廃止を訴えている様子を、生き生きと語りました。
 第2部は、ケイ・シュガーさん(佐藤圭子大阪民主新報編集長)の「戦後71年 子どもたちに平和な未来を 多喜二とその時代から学ぶこと」と題した話と歌。シュガーさんは沖縄のたたかい、安倍暴走政治とのたたかいを静かな口調ながら怒りを込めて語り、熱唱しました。

2016年9月27日,「赤旗」
 
 
》記事一覧表示

新着順:9/182 《前のページ | 次のページ》
/182