teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]



新着順:15/181 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

石川県本部総会

 投稿者:  投稿日:2016年10月26日(水)14時50分38秒 zaq3a558393.zaq.ne.jp
  通報 返信・引用
  治維法国賠同盟、世代継承を訴え 石川本部が総会

 治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟(治維法国賠同盟)石川本部は10日、金沢市の金沢勤労者プラザで第33回総会を38人の参加で開催しました。
 増本一彦中央本部会長が講演しました。参院選で「32すべての1人区の野党統一候補に檄文(げきぶん)を送った。勝利した11選挙区の議員への『治安維持法犠牲者の国家賠償法の制定を求める請願』の紹介議員になってもらう要請運動を始める」と語り、「たたかいと抵抗の歴史を後世に伝えていくことが必要。若者は知的要求が強い」と述べ、組織拡大強化と世代継承の重要性を訴えました。
 主催者あいさつで北口吉治県本部会長は、「参院選挙区で野党統一が実現し共闘、市民革命的流れができた。次世代につなげる運動に発展させよう」と述べました。
 特別決議では、2018年3月の創立50周年めざし、安倍自公政権の暴走をやめさせ「再び戦争と暗黒政治を許さない」ためにも、組織の拡大強化と3000人分の請願署名の達成などを確認しました。
 日本共産党の佐藤正幸県議が連帯のあいさつを述べました。

2016年9月14日「赤旗」
 
 
》記事一覧表示

新着順:15/181 《前のページ | 次のページ》
/181