teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]



新着順:23/182 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ブロック会議での石埼講演感想

 投稿者:i  投稿日:2016年 9月18日(日)16時27分13秒 zaq3a558393.zaq.ne.jp
  通報 返信・引用
  国賠近畿ブロック会議での石埼先生講演部分の感想

*講演で改憲より壊憲の目的  憲法を破壊して大企業が戦争による利益を目的にして戦争をし国民の命を犠牲にしようとしている。

*「道徳と法」「国体」など新しい切り口からの講演、面白く聞かせていただきました。質問の時間がなかったのが残念です。

*自衛隊員だけが危険なのではなく緊急事態条項で国民全体が危険であることを皆に知らせたい。

*先生から自民党草案の問題点について学び、法と道徳の区別は近代法律の基本原理だということをはじめて知りました。こういう視点からも語って改憲を阻止する運動を強化したい。

*石埼先生の憲法の話は大変有意義でした。憲法の「基本原理」大変よく分かりました。

*記念講演は再度自身学習を深めたい。ただ「自民党の目指す改憲に多くの国民の賛同はえられそうな現在ではない」と言われていますが改憲勢力の3分の2の議席を許してしまったことの危機から見て甘く見てはならないと思いました。そこのところをもっと知りたかった。

*①明治憲法でさえも道徳や慣習はもちこんでいない。国体は治安維持法で初めて成文化された。教育の果たす役割、教育勅語の果たす役割が理解できた。
 ②改憲をめざしながらも当面は壊憲で実質をねらうことなど理解した。

*精密なレジュメでよく分かりましたが少し難しかったように思います。

*先生のお話は眼からうろこでした。私達の国賠運動に引き寄せて自民党改憲草案の目指すものは何かしっかり学びたい)

*レジュメもう一度読み直します。

*改憲草案を新たな視点で学んだ。

*安倍自民党の改憲の狙いとともに実質的に解釈改憲で反動化、戦争法を実施する危険性がよく分かった。「壊憲」を着実に実行しようとしていることなど。

*石埼先生の講演は自民党の憲法案を新たな視点で見つめるものだった。

*やや難しかったと思う。もともと治安維持法の研究者でないので無理もないことかもしれない。

*石埼先生の講演で自民党改憲案が法と道徳を混同しており近代法の原則になっていないと話されたことが印象に残りました。

*石埼先生の講演は大変よかった。自民党の改憲草案のでたらめさがよく分かった。今後同盟員に広く知らされるべきだと思った。

*石埼先生はお若いのによい話をしていただきました。
視点、観点が面白かった。あの観点なら一般的な人たちにも話せるのではないか。

*自民党改憲草案についての講演がよかった。新しい視点からの講演が新鮮だった。
 特に草案が法と道徳が混同していることへの批判は耳新しかった。
 法と道徳の区別は近代法の原則ということに深く学べたとおもう。また現行憲法下で解釈改憲=法令の制定、改廃などを通じて事実上の改憲を進めているという指摘は鋭い視点だと思った。

*①結論をはっきりまとめ多岐にわたりお話くださった点はよかった。
 ②ただ少し難を言へば結論に至るまでの経緯が飛んでしまっているように感じられました。私の頭では理解できない点が多かった。

*石埼先生の話はあまり響いてきませんでした。体調不良の性あり。

*自民党「改憲」論についての石崎先生の話を聞き具体的には「個人}を「人」に書き換えたり、公の秩序で道徳論が出てきたり拷問の禁止から「絶対に」という文字を削除しているということには驚きました。本当に勉強になりました。

*改憲案「国民統合の象徴である天皇を戴く国家」だから人権が、天皇でない別の神や造物主から与えられるものではあってはならない」=人間天皇の否定であると思いました。(シンボル天皇に対する反逆罪である)。
 
 
》記事一覧表示

新着順:23/182 《前のページ | 次のページ》
/182