teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]



新着順:32/183 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

北海道本部大会

 投稿者:  投稿日:2016年 8月19日(金)10時45分52秒 zaq3a558393.zaq.ne.jp
  通報 返信・引用
  野党・市民共同政治変革を開く/治維法国賠同盟道本部が大会
(2016年07月26日,「しんぶん赤旗」)

 治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟北海道本部は22日、第38回大会を札幌市で行いました。宮田汎会長が1年間の活動報告と今後の方針提案を行い、報告と提案などを全会一致で採択しました。
 運動方針では、▽「戦争法」廃止、立憲主義回復、憲法改悪反対の野党と市民の共同こそ、政治変革の展望を切りひらき、治安維持法犠牲者国家賠償法実現の確かな道▽治安維持法の犠牲となった多喜二ら北海道の諸先達の活動を道民各層とともに掘り起こし、抵抗と闘いの歴史を広める▽青壮年層の会員を増やすとりくみ強化―などを決めました。
 大会では、宮田会長、横山博子事務局長らが再選されました。
 日本共産党道委員会から、激戦をたたかい抜いた森つねと国政相談室長が出席し、「改憲勢力を圧倒する国民のたたかいはこれから。同盟の発展を祈ります」と激励しました。
 日本国民救援会道本部の守屋敬正会長、レッド・パージ被害者の名誉回復と補償を求める北海道懇話会の舛甚秀男事務局長も連帯のあいさつをしました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:32/183 《前のページ | 次のページ》
/183